星空のメモリア HD -Shooting Star&Eternal Heart アニバーサリーBOX- 応援中!!

ヤマグチノボル × 兎塚エイジの新シリーズ!

 28, 2009 23:52
MF文庫 『烈風の騎士姫 第1巻』 購入しました~!

091028_01.jpg

ヤマグチノボル × 兎塚エイジのコンビの新シリーズと聞いて買わないわけがないですよっ!!

読み終えた感想ですが、これはイイっ!
王道展開をベースにバトル多めの熱い展開あり、衝撃のシリアスな展開あり、ゼロの使い魔みたいなラブコメ展開もありでとにかく面白いです!
登場キャラもみんな良いキャラしてて最高です。三バカトリオとか。
これはゼロ魔と双璧を成すシリーズになってもおかしくない!


負けず嫌いで臆病な少女カリーヌは、幼い頃のとある出来事がきっかけで自分も立派な騎士になるのが夢になるが、魔法衛士隊には女では入れないため、名をカリンと改め、男装して見習いとして入隊する。
だけど、世話役のサンドリオンという男で、しかも一緒に暮らす事に。
カリンは女である事を隠しつつ、憧れの騎士になれるのか!?

という内容で、主人公のカリンは男装した少女です。
そしてこれでもかというほど見事に胸が無い子ですw
男装して騙し通せるくらい胸が無いんです。
さすがヤマグチノボル先生と兎塚エイジ先生。
このお二人が作り出す胸の無いヒロインは相変わらず素敵すぎるぜ!


カリンが必死になりすぎて女口調になる

見事な女口調だな…こいつ、もしかして女?

いや、いくらなんでもこんなに胸の薄い女はいない!ということは…

オカマかっ!?

の流れは最高でした。
ところどころで「胸の薄い」という単語が出てきて、カリンがぺったんこなことをこれでもかと強調してたのが印象的ですw

読んでいて、トリステイン、ガリア、ゲルマニアという固有名詞や世界観がゼロ魔とそっくりだなぁ~。
桃色がかった長いブロンド、鳶色の瞳、ぺったらな胸なカリーヌの容姿はまんまルイズだなぁ~。
とか思っていたら、どうやらカリン(カリーヌ)はルイズの母親だそうです。

そりゃルイズに似てて当然ですねw
ルイズはお母さんの遺伝子をしっかりと受け継いちゃったんだね…。・゚・(ノД`)・゚・。
それにしてもルイズのお母さんは少女時代は胸がぺったんこだったんですね(・ω・)
ゼロ魔では胸についての描写なんてなかったし、てっきりカトレア級だとばかり思ってた。
名前も出てこなかったくらいだし。

それにしてもまさかルイズのお母さんを主人公に持ってくるとは思わなかったな~。
まぁ本編での登場が衝撃的だったし、読んでみるとルイズに負けず劣らない良いキャラしてますよね。
このカリンが母親になるとあんな風になっちゃうなんてねぇ…?w
カリンはちっちゃい頃から魔法が強力だったのね…。
カリンがルイズの母親ってことは、サンドリオンはルイズの父親ってことなのかな~?

なんにしても続きがとても楽しみです!
とにかく面白い!
ゼロの使い魔ファンにはもちろん、読んだ事ない人にも超オススメです!

ナルシスとバッカスは愛すべき馬鹿(変態)だなw
特にバッカス最高。
登場2ページ目ですでに凄まじいほどの変態だった…w
あと、カリンって書けばいいのかカリーヌって書けばいいのか迷うなぁw
関連記事

コメント 0