ま~まれぇど新作第12弾『スタディ§ステディ』

【プレイ感想】 言の葉舞い散る夏の風鈴

 11, 2019 00:34
シルキーズプラス DOLCE 『言の葉舞い散る夏の風鈴』

「言の葉舞い散る夏の風鈴」 の感想です。

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。


その他のエロゲ感想:エロゲ感想リスト
攻略順について:ビビろぐ的エロゲ攻略順ガイドライン



【攻略順】

私の攻略順は、「仰子 ⇒ ゆう ⇒ 奏 ⇒ 詞葉」という順番でプレイ。
詞葉ルートはラスト固定です。
内容的にも基本的にはどのルートからやってもいいと思いますが、個人的には奏 ⇒ 詞葉の流れが綺麗だったのでオススメですかね。

【グラフィック】

原画はひなたももさん。
単独原画とかめちゃくちゃ嬉しいですね(初単独なのかな・・・?)
いやー、ひなたももさんの描く女の子可愛い。CGの塗りの綺麗ですし大変満足でした。
個人的に詩先輩が可愛くて好きだったので1枚でも単独CGとか欲しかったなぁ・・・。
CGIボリュームは普通です。

【音楽・ムービー】

ボーカル曲は2曲、BGMが28曲。
ボーカル曲はDOLCEラインの前作アペイリアと同じく薬師るりさん。
ED曲は仰子・ゆう・奏ルートは歌なしのメロディだけ、詞葉ルートは歌ありで流れるんですがニクい演出でしたね。
EDの歌詞は詞葉ルートを表している内容なんですけど、本編をプレイした直後に聴くとグッとくるような歌詞って大好き。

【システム・演出】

システム面としてはほぼ変化なしでしょうかね。
演出面としては、演技の練習をするシーンに色々と工夫がされていて良かったかと。
画面上に台本を表示させるのは良かったんですけど、その際に同じセリフが2か所に表示されててごっちゃごちゃしてるなぁと感じたので、メッセージウインドウはその時だけ非表示でも良かったんじゃないかなぁと思ったり。

【シナリオ】

プレイ時間は私のプレイ速度で21時間くらいというボリューム。
声優を題材にした青春部活モノです。
それぞれのヒロインの問題を解決しながら「声優ってこんなに素晴らしいんだぞ!」と声優について真剣に向き合っている様子に感動させられる素敵な内容でした。いいですね、こういう青春。
同じセリフを繰り返し練習して少しずつ上達していく過程を見ることができたり、ニュアンスの違いで同じセリフでも受け取り方がガラリと変わったりと、読んでいて楽しめた点もグッドでした。

【エッチシーン】

エッチシーンは、ゆうが4回、詞葉・奏・仰子が3回ずつの合計13回。
ゆうが1回多いですが、枚数的には他のヒロインと同じです。
1シーンに対してCGは3枚ずつほどでボリュームあったので満足なんですが、奏の私服姿でのエッチシーンがなかったのが心残りでしょうかね。なんでなかったんや・・・。

【ヒロイン】

190111_01.jpg

◆菩提樹 仰子
庶民の生活を知らなすぎるお嬢様、色々と面白すぎでしたね。
仰子さんは演技面では超が付くほど不器用な大根演技っぷりなのに、エッチシーンでは大変器用な事をするアンバランスさがなかなかでした。
いやぁ、くすはらゆいさんすげぇわ。

190111_02.jpg

◆野原 ゆう
仲間内では人見知りとは思えないくらいめちゃんこ感情豊かで、見ていて飽きない可愛い可愛い子でしたね。
「お願い!なんでもするから!」というセリフをよく言うのですが、その度にイケないこと色々とさせたいですね(ゲス顔)
というかなんでそういうシーンなかったの・・・。

190111_03.jpg

◆百花 奏
もうね、天使でした。
告白シーンとかやきもち妬いた時のセリフとか随所に猛烈な可愛さが見られて私悶絶しまくり。
奏ルートのラストシーン、涙を誘う感動的なシーンで良かったですね。

190111_04.jpg

◆真額 詞葉
いやぁ、どんどん「豚」と罵って欲しいですねっ!
詞葉はキャラに合ったS寄りエッチシーン多めだったんですが、個人的には足コキも欲しかったですね・・・足コキ・・・。


【総評】

予想していた以上にがっつりと声優部として活動をしていて、終始楽しめた良い部活モノ作品だったかと。満足満足。

演技するシーンのみ主人公にも声があるんですが、CVが倉島丈さんのせいもあって全ての主人公のセリフがアぺイリアのシンカーにしか聞こえなくてただただズルかった。腹筋痛い。
そんなわけでエチュードがくっそ面白かったので、もっと見ていたかったですねw
関連記事

コメント 1

名無し  2019, 01. 11 [Fri] 00:42

何でもする子の個別ルートでのエチュードは流石に行きすぎだろあれ
こころんがその行為に拍手は違和感がすごかった

Edit | Reply |