【プレイ感想】 かりぐらし恋愛

 01, 2018 17:42
『かりぐらし恋愛』を応援しています!

「かりぐらし恋愛」 の感想です。

※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。


その他のエロゲ感想:エロゲ感想リスト
攻略順について:ビビろぐ的エロゲ攻略順ガイドライン



【攻略順】

私の攻略順は、「理兎 ⇒ 丸 ⇒ 奈々子 ⇒ 絢花 ⇒ ひより ⇒ 杏」という順番でプレイ。
攻略順としてはシナリオ的にこの順番というものはないのでお好きな順番で良いかと。

【グラフィック】

原画は冬壱もんめさん、夕凪セシナさん、結城リカさんといつもの布陣ですね。
そしてCGボリュームもいつも通りな感じで少し少なめですね。
可愛くて癒されるSD絵含めてもう少し増えてくれると嬉しいなぁ・・・。
アサプロ作品の定番となった顔芸は今回も健在・・・どころか顔芸キャラが増えているような気がしなくも。
充血した目の理兎さん立ち絵、好き。
それにしても、立ち絵の局部を白抜きにするのやめてもらえませんか。
せめてモザイクかツルンツルンに・・・。

【音楽・ムービー】

ボーカル曲が2曲、BGMが23曲という内容。
個人的にアサプロ作品でかなり楽しみにしている要素がOPムービーなんですが、さわやかなOP曲に乗せて流れるようにシーンが次々と切り替わっていく疾走感溢れるムービーは今作も健在でとても良いですね。
ひよりのキャラ紹介でみよりさん出しゃばってくる所、とても好き。
エンディングを歌うpicuetさんは初めて目にするお名前なんですが、どこかで聴いたことあるような歌声だけど思い出せない・・・。
それにしてもエンディング曲、良い曲だなぁ。

【システム・演出】

シーンの合間に挟まれるアイキャッチ、大好き。
システムの機能面としては前作と変わりない感じでしょうか。
前作から変わったセーブデータ管理は本当に使いやすくて便利。
ところで、アサプロ作品はそろそろお気に入りボイス登録機能の実装をしませんかね?
面白可笑しい・バカなセリフを全力で演じる声優さんの演技がホント素晴らしくてね。
何度も何度も聴きたくなるんですよ。

【シナリオ】

プレイ時間は私のプレイ速度で25時間くらいというボリューム。
基本的にほぼシリアス無し、日常シーンはもちろんちょっといい雰囲気になったシーンやエッチシーンなど所構わず終始頻繁にギャグをぶっこんで来るいつものアサプロらしい笑い溢れる賑やかな内容です。
今作はヒロインの好感度が序盤から全員MAXな感じでどのタイミングで抜け駆けするか・・・みたいな感じなので、普通なら個別ルートに入って付き合ったら少なからず祝福されるような状況でも祝福なんてされず、むしろ隙あらば奪い取ろうとよりアグレッシブになっていくアサプロらしさ全開でしたね。
それにしても各家庭の家族、強烈だった・・・特に世計家と新妻家。

【エッチシーン】

エッチシーンは、理兎・ひよりが5回ずつ、絢花・杏が6回ずつ、奈々子・丸が3回ずつの合計28回というボリューム。
今作のエッチシーンはいつもよりエロかった気がしましたね。
いつものようにエッチシーンであろうがお構いなしにギャグがちょいちょい入る笑いに溢れた内容なので、まぁ平常運転ですね。
特にひよりのシーンは察して下さい。

【ヒロイン】

180501_01.jpg

◆桜木橋 理兎
個別では隙あらば手を繋ごうとする手繋ぎ魔な可愛い反応を、それ以外ではキャラ崩壊して可哀想な子に成り果てた姿を見せてくれて、理兎さんは終始面白可笑しい子でしたね。
いやぁ、隠しきれない好意がなんとも可愛らしい。
理兎ルートは手を繋いでお風呂とかアレコレとかCG含めて最高でした。

180501_02.jpg

◆世計 絢花
むっつり淫乱ピンク。
もうこの一言に尽きる子でしたね!
個人的に個別の絢花よりも他ルートでの他ヒロインを煽って貶すスタンスな絢花が好きです。
とりあえず、膝枕されてしたからおっぱいツンツンしたい。

180501_03.jpg

◆新妻 ひより
「おい・・・くすはらゆいになんて酷いセリフ言わせてんだよ!!」って感じのセリフのオンパレードでしたね!(いいぞもっとやれ)
「ひより可愛いなぁ」と悶絶しててもおかしくないシーンでも笑いしか出てこなくさせるの、ホントズルいと思います。
それにしても強烈キャラなひよりが霞むかのようなみよりさんのパワフルさは凄まじかったですね。

180501_04.jpg

◆荒波 杏
いやぁ・・・見事すぎるダメっぷりでしたね。
付き合うとまともになるのかと思いきやそのダメっぷりを貫き通す姿勢、さすがおっぱいだけの女!
ただ、搾乳手コキプレイはありがとうございました。


【総評】

今年10周年を迎えるアサプロの作品。
日常シーンはもちろん、ちょっといい雰囲気になったシーンやエッチシーンなど所構わず終始頻繁にギャグをぶっこんで来るので、このノリを楽しめる人ならかって損の無い作品かと。
そんなわけでまずは体験版をやってみましょう。
本編は最後までずっと体験版のようなテンションです。

あと、初回版には10周年記念で歴代キャラクターのお祝いコメントが聴けるドラマCDが封入されているのですが、遠野そよぎ無双(ときどき北見六花)な内容で大変面白かったことをここに書いておきます。大満足。
関連記事

コメント 0