【プレイ感想】 シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~

 08, 2017 13:45
シンソウノイズ 応援中!

「シンソウノイズ~受信探偵の事件簿~」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。


その他エロゲの感想はこちらをご覧下さい。



【攻略順】

私の攻略順は、「ひかり ⇒ 夏希 ⇒ 沙彩 ⇒ 百合子 ⇒ 萌花 ⇒ TRUE」という順番でプレイ。
シナリオは階段分岐構成なので攻略順としては分岐ごとにそのヒロインルートに入ってプレイしていくのがいいかと。

【グラフィック】

原画ははましま薫夫さん。
CGの塗りというか肉感表現がとても素晴らしかったですね。
CGボリュームとしては多くも少なくもない普通という感じでしょうか。
はましま薫夫さんということで「euphoria」とか「フラテルニテ」みたいな感じのものが多いのかと身構えていましたが、グロいものはそんなに多くなく、そのCGもそこまでグロいというものではないのでそういうのが苦手な人でも平気かと。

【音楽・ムービー】

ボーカル曲が2曲、BGMが37曲というボリューム。
いやぁ・・・ボーカル曲素晴らしかったですね。
特にOP曲のこの豪華すぎる布陣・・・私のどストライクすぎて高まるしかなかったです。
BGMはやっぱり「犯人はお前だ!」が好きですかね。
この曲が流れるシーンに高確率で起こる主人公の噛みがとても好きです。

【システム・演出】

DMMGamePlayerからの起動がとても面倒くさい!!
システム面での不満はもうこれに尽きるかと。
私はパッケージ版でプレイしましたが、認証のためにパッケージ版でもいちいちDMMGamePlayerを起動して、そこから作品を立ち上げなきゃならないという一手間が発生するので本当に面倒くさい。
しかもこのDMMGamePlayer自体の更新が割とよく発生したりしてすぐにプレイできないこともありますし、パッケージ版を買うメリットが激減するこのシステムを使うの本当にやめて欲しい。

【シナリオ】

プレイ時間は私のプレイ速度で34時間くらいと結構なボリューム。
いやぁ、最初から最後まで終始ガッツリと作品の世界に引き込ませてくれたミステリー・サスペンスでした。
なかなかのシナリオボリュームがありましたが、ノンストップで一気にプレイしたくなるほどのめり込んでしまう内容はとても面白かったですね。
主人公の受信能力によって女の子の心境をたっぷりと見ることができてニヤニヤする場面も多かったですし、声は皆同じに聞こえるので「今のセリフは一体誰のセリフなのかな?」と予測しながらプレイするのがとても楽しかったです。

【エッチシーン】

エッチシーンは、夏希・沙彩・百合子が2回ずつ、萌花が4回、さくら・ひかりが1回ずつの合計12回。
回数は多くないですが、シーンは一つ一つ長めですかね。
いやー、心の声がダダ漏れのエッチシーンはなんだかとても興奮しますね(満面の笑みで)

【ヒロイン】

170107_00.jpg

◆清川 ひかり
なんというかひかりが登場してきたときは驚きましたね。
ひかりは、エッチシーンでの「このヘンタイ」というセリフが最高でした。
くすはらゆいさんのボイスで攻められるエッチ・・・最高や・・・。

170107_01.jpg

◆風間 夏希
心の声が聞こえなかったら印象はまた変わりそうな気がしますが、心の声を知った上で見る夏希の発言と行動は、非常に乙女でニヤニヤしながら見てしまいましたねw
いやー、夏希チョロい。

170107_02.jpg

◆黒月 沙彩
個人的にはこの作品の中で一番好きなヒロインですね。
序盤こそ不思議ちゃんなイメージでしたが、進めるごとに姿を見せてくる人懐っこさと健気な一面がとても良かったですね。
それにしても初エッチシーンは今まで見たことのないシチュエーションだった気がする・・・。

170107_03.jpg

◆大鳥 百合子
外見も内面も「これぞお嬢様!」という感じでしたねー。
百合子さんの2回あるエッチシーンがどちらも淫らで実に良かった・・・。
あぁ、私もこんなお嬢様に迫られたいですね。

170107_04.jpg

◆桃園 萌花
表も心の声も変わらない純真無垢な天使さんで、この作品の癒やしでしたね。
ちょっと頭のゆるい一面も相まって、全てにおいて許せてしまえる可愛い生き物でした・・・あぁとことん可愛がりたい。


【総評】

Liar-softとシルキーズプラスによるコラボレーション作品という本作でしたが、いやぁ良い意味での「混ぜるな危険」という作品でしたね。
ミステリーものには付きものの推理パートは、シナリオとヒントをきちんと読んでいればあまり考えなくても分かる程良い難易度でしたし、先の気になる展開の連続で止め時が見つからないくらいには夢中になってプレイしていましたね。
他人の心象が「平坦で無機質な声」として聞こえてしまう主人公の受信能力はなかなかに面白い設定でしたし、大事な所で発生する主人公の噛みは緊迫した雰囲気を一気に和ませてくれてとても好き。
いやぁ、買って良かった。満足満足。
関連記事

コメント 0