【プレイ感想】 Re:LieF ~親愛なるあなたへ~

 08, 2016 01:06
161107_00.jpg

「Re:LieF ~親愛なるあなたへ~」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。


その他エロゲの感想はこちらをご覧下さい。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で15時間くらいというボリュームでした。
私の攻略順は、「日向子 ⇒ 流花 ⇒ もも ⇒ アイ」という順番でプレイ。
アイちゃんルートはどうやら最後固定のようで。
おすすめ攻略順は私の攻略順が良いかなーと思います。

【グラフィック】

原画はクロノミツキさんと雫将維さんのお二人。
なんと言ってもグラフィッククオリティの高さは目を見張りますね。
原画のグッと来る構図に加えて妙にリアルな独特な塗り・・・とても素晴らしかった・・・。
新しいCGが出てくる度についプレイの手を止めてしばしCGを眺めてしまいましたね。
それにしてもこの妙にリアルな塗りというかムラムラとくる官能的な塗りのおかげでエッチシーンのエロいことエロいこと。

【音楽・ムービー】

ボーカル曲は3曲、BGMは38曲。
紫咲ほたるさんが歌うOP曲、そしてその曲を乗せて流れるムービー・・・それはもう何度も見て聴きたくなる出来栄えで、共にとても好き。めちゃくちゃ好き。
クリア後にムービー中に散りばめられたメッセージやカットを一つ一つじっくりと見るとグッと来ますね。
あ、初回版特典のアレンジver.は歌詞がちょっと変わってるらしいので、併せて聴くためにも早く通常のフルver.を・・・!
BGMは全体的にピアノ主体で優しく切ない楽曲が多く、個人的にとても好みでしたね。

【システム・演出】

演出面は全体的に頻繁に1枚絵を挿入してグッと引き込まれる印象的な演出がされていて、目を見張るものが多かったですね。
そして、終盤の二重奏シーンは心に響く美しさでとても良かった・・・。
システム面はまだ洗煉されてない感じというか、全体的に少し使いづらいさを感じましたかな。
個人的にはせめて各種動作をキーボードで行えるようにして欲しかったところ。

【シナリオ】

ボリューム的には少し少ないですが綺麗にまとまったシナリオでしたね。
「試してみるんだ、もう一度」というこの作品のキャッチフレーズがあちこちに散りばめられていてテーマ性を強く感じられましたし、何より後読感がとても良かったです。うん、とても満足。
序盤こそ「あれ?」となりますが、一つ一つのルートをプレイしていくことによってトライメント計画での謎が徐々に明らかになっていく展開はワクワク感が高まりましたし、最後に待つアイちゃんルートの展開にはグッと引き込まれて一気にプレイてしまいましたね。
ところで、ミリャちゃんルートはどこですか・・・?

【エッチシーン】

エッチシーンは、日向子・流花・もも・アイが各2回ずつ、ユウが1回、3Pが1回の合計10回というボリューム。
本編では1回ずつですが、クリア後にシーン回想でおまけが1回ずつ見れます。
先ほども書きましたが、構図と塗りのおかげでエロさが跳ね上がっていてとてもテンション上がりましたね。
それにしても、局部の書き込みがモザイク含めてリアル感溢れていてビックリしましたね・・・。おかげでくそエロかったです。
というわけで、回数こそ少なかったですが満足感はなかなかなもの。
・・・でもやっぱりもう少しシーンは欲しかったかなぁ・・・!

【ヒロイン】

161107_01.jpg

◆箒木 日向子
いやぁ・・・日向子との最初のエッチシーンはとてもエロかった・・・。
お願いすれば何でもやってくれそうな日向子先生に教育されたいですね(ニッコリ)
ミリャちゃんに司を取られて動揺しまくってる日向子がなかなか可愛かったですが、それ以上にミリャちゃんが可愛くてね。
だんだんと言葉を話すようになるミリャちゃん可愛い。とても可愛い。
・・・あれ、このルートはミリャルートかな?

161107_02.jpg

◆大舘 流花
流花のこの私服姿がとても良いと思います。
何が良いってこのセーターを使ったパイズリシーンからの騎乗位がね・・・。
普段男っぽくクールに見えるけど実は乙女で恥ずかしがりながらエッチする流花の姿がとても、とても、とても良かったのですよ。

161107_03.jpg

◆海蔵 もも
私のタブレットにもトトちゃんがとても欲しいです。トトちゃんください。
感情が芽生えて苦悩するトトちゃんが可愛くてね。
あー・・・トトちゃん可愛いなぁ。なんでトトちゃん攻略できないんだろう。
・・・あれ、トトちゃんのことしか書いてない気がするけどきっと気のせいだよね。

161107_04.jpg

◆アイ
いやぁ、アイちゃん可愛いですね。とても可愛い。
アイちゃんルートは「やっぱりアイちゃん可愛いなぁ・・・」 ⇒ 「あれ、ユウがくっそ可愛いぞ・・・」 ⇒ 「どっちもくっそ可愛いなぁ!コノヤロー!」って感じでしたね(大雑把)
各ヒロイン裸立ち絵があってどれも非常にエロかったんですけど、中でもアイちゃんの前屈みになった裸立ち絵がたまらなく良くてね・・・。
ありがとうございました。眼福でした。


【総評】

作品発表当時からクオリティの高いグラフィックと作品テーマに惹きつけられてとても期待を寄せていたのですが、見事に期待に応えてくれて私はとても満足です。いやぁ、面白い作品でした。
後読感もとても良く、処女作でこういう作品を出してくるのはなかなか凄いな・・・と思いましたね。

所々まだ粗い点がありますが、それは今後に期待ということでまた楽しみなブランドが1つ増えて嬉しい限りです。
次回作もそれはもう期待していますっ!
関連記事

コメント 0