【プレイ感想】 生命のスペア

 27, 2016 12:36
『生命のスペア』を応援しています!

「生命のスペア」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。


その他エロゲの感想はこちらをご覧下さい。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で9時間半くらいというボリュームでした。
ヒロインは恵璃一人で選択肢無しの一本道。

【グラフィック】

原画は秋空もみぢさん。
CGボリュームは多いとは言えませんが、価格を考えれば十分なボリュームでしょうかね。
全体の半分はエッチCGと予想以上にエッチCGの割合が高かったですね。
「ぼくの一人戦争」のようにアイキャッチ絵があったんですが、変化していくイラストが切なくてね・・・。

【音楽・ムービー】

ボーカル曲は1曲、BGMは18曲というボリューム。
作品サイト公開時に流れてきたものを聴いたときから、「あぁ・・・これきっと泣くやつだ・・・」と思ってましたが、ボーカル曲もBGMも涙を誘うものでしたね。あぁ・・・今回も素晴らしい楽曲をありがとうございます。
特に主題歌のLiblumeはボーカル・作詞・作曲がRe:callと同じできわたチームということで、「この雰囲気の作品だからきっと今回もまた破壊力のある曲なんだろうなぁ・・・」ともう期待しかしてませんでしたが、その期待に応えてくれる涙誘う素敵な曲でしたねぇ。
もうね、2番からの作中の情景が蘇ってくる感・・・本当にヤバい。涙が溢れてきます。

【システム・演出】

システムは特に大きく変わってるわけではないですが、セーブ&ロードの使い心地の良さはなかなかに良いですね。
この作品では一部の印象的なシーンではあえてBGMタイトルをプレイ中に表示させないようにしてると公式で言及していたのでどのBGMか注目して見ていたんですが、クリア後にタイトルを見て「なるほどな・・・」と。
BGMを聴いてグッとさせ、プレイ後にBGMタイトルを見てさらにグッと来させるこの2段構えは卑怯ですわ。
あと、恵璃の表情差分が割と多彩で、そのおかげでコロコロと表情を変える恵璃がとにかく可愛かったなぁ。

【シナリオ】

悲しい結末が待ち構えてるシナリオをどうやって締めくくらせるのか非常に楽しみにしてましたが、なるほどこう来ましたか・・・と。
変に他のキャラルートを作らずに一本道にするというのはこういうシナリオではとても良い構成だなぁと感じましたね。
シナリオについて何かを書こうとするとネタバレになってしまうのであまり多くは語りませんが、読み進めていくごとに死へと近づいていく辛い展開に心が痛むのと同時に夙川家の温かさに癒されてもう自然と涙が・・・。
切なくて美しいシナリオで大満足。どんな結末になったかはプレイして確かめて下さい。
とりあえず、未来がないのに未来の事を語るシーンとかもう涙しか流れないので本当に止めよう?

【エッチシーン】

エッチシーンは恵璃オンリーの7回。
割とエッチシーンが多く、そして
とにかく甘え尽くそうとする恵璃が可愛かったの一言ですね。

【ヒロイン】

160827_10.jpg

■夙川 恵璃
死と向き合って甘えて甘えて甘え倒す一途な恵璃がとにかく愛おしかったですね。
近いうちに死んでしまうのに悲壮感を漂わせず明るく振る舞う姿が切なくて切なくて・・・。
ここ最近の橘まおさんの担当ヒロインで個人的に一番ヒットしたかもしれない。
それくらい見事にハマっていてグッと来ました。
それにしても、何度か「にゃあん」と猫になる恵璃が可愛すぎて悶えるんですがっ!!!


【総評】

作品情報公開時に「できわたのような作品がまた来たな・・・」と思いましたが、今回も泣かされる作品でしたね。
ただ、個人的には「ここはちょっと駆け足気味だなぁ」とか「この辺りはもう少しじっくりと描写して欲しかったなぁ」という所がチラホラあったので、ぼくの一人戦争くらいの価格帯でシナリオボリュームを増やして欲しかったなぁという欲しかった気持ちは少しありますかね。

全体的なボリュームとしては価格相応な感じですが、質としては十分すぎる内容だったので大変満足。買って良かったと思えた作品でございました。
特に今回も楽曲が素晴らしくて素晴らしくて・・・。聴いてるだけで涙が出てくる曲って本当にいいですわ・・・。
あぁ、早くLiblumeをライブで聴きたい・・・!
関連記事

コメント 0