【プレイ感想】 アマツツミ

 18, 2016 18:15
【アマツツミ】応援バナー

「アマツツミ」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。


その他エロゲの感想はこちらをご覧下さい。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で26時間くらいというボリュームでした。
私の攻略順は、「こころ ⇒ 響子 ⇒ 愛 ⇒ ほたる」という順番でプレイ。
途中で各ヒロインの個別ルートへ派生しますが、基本的にルート1本道ですね。
最初に物語をどっぷりと楽しみたいなら、分岐選択肢で派生に行かずに本筋ルート一気にプレイするのもアリかと。

【グラフィック】

原画は克さんと月杜尋さんのお二人というここ最近の作品と変わらないコンビですね。
お二人が描くイラストは相変わらずエロ可愛くて素敵ですわ・・・。
今作なんというか今まで以上にグッと来る構図のCGが多くてたまりませんでしたね。
特にこころのスカートの下から覗く光景が絶景でした。なんだこれ・・・最高すぎかよ・・・。

【音楽・ムービー】

ボーカル曲は3曲、BGMが36曲。
あぁ・・・コトダマ紬ぐ未来がめちゃくちゃイイ曲だ・・・大好き。
パープル作品は毎回OPムービーに魅了されてるので今回も楽しみにしていましたが、いやぁ今作も惹きつけられるムービーでしたね・・・。
主題歌に合わせて次々と切り替わっていくカットから目が離せませんでしたわ。
それにしても「こころに響く恋ほたる」っていう主題歌のタイトル、すごく洒落てて素敵ですね。

【システム・演出】

システム面の大きな変化はないですかね。
演出面では流れる水など動く背景はこれまでの作品同様に健在で臨場感があって相変わらず良いですね。
今回、エッチシーンでのカットイン演出がエロいなぁ・・・と感じるシーンが割と多かった気が。
カットインで見えない服の下とか見えると興奮するよね。
・・・そういえば今回ってオートデモないんですかね?

【シナリオ】

今作はメインとなる本筋ルートを主軸に個別は派生ルートで展開されていく構成なんですが、いやぁ・・・素晴らしい。
この構成のおかげでストーリーといちゃラブを存分に楽しめ、ここ最近のパープル作品の中でも個人的には一番好きと思える非常に満足な内容でした。
特に少しずつ伏線を回収しつつ至るラストのほたる本筋ルート・・・本当にたまんなかったです。

【エッチシーン】

エッチシーンは、こころ・愛が6回ずつ、ほたる・響子が5回ずつの合計22回というボリューム。
前作のクロクロではかなり少なくて物足りなかったんですけど、今回は物足りなさなんて微塵も感じないほどのボリュームと濃厚な内容に私大満足です。
言霊を使った特殊なシチュエーションを始めとしたエロエロなシーンたっぷりでお世話になりました。
赤ちゃんプレイ。ありがとう。

【ヒロイン】

160818_01.jpg

■織部 こころ
あぁ、純真な子で心が洗われますわ・・・。
私も「おかえりなさーい♪」とこころに言われてどさくさに紛れて抱きつきたい。
「ぷんぷん」と声に出して可愛く怒る姿とか反応がいちいち可愛すぎるので、どんどんと困らせたり苛めたくなりますね。
「手を繋ぎたい・・・でも恥ずかしくて繋げない・・・」「もっと仲良くなりたい・・・でも兄弟だし我慢しなきゃ・・・」と葛藤をしてる初々しい反応もたまらない。

160818_02.jpg

■朝比奈 響子
響子ちゃんのドーナツ食べたいです。作って下さい。
響子ちゃんは健気で保護欲をかきたてられますが、言霊関係なく頼み込めば何でも言うこと聞いてくれそうな響子ちゃんの将来が心配です。
とりあえず、2号さんになるべく愛に頼み込むシーンは響子ちゃんらしさが存分に発揮されていてとても面白かったです。

160818_03.jpg

■恋塚 愛
愛ちゃんのこの立ち絵がすんごく好きです。
普段はクールだけど、たまにテレたりヤキモチ妬いたりするときの反応が良いですよね。
そして愛ちゃんはなんと言っても陥没乳首ですよ!!
陥没乳首を使ったシーンの数々、最高でした。
あと、陥没乳首だけでなくお尻も素晴らしくて・・・とあるシーンのお尻CGは素晴らしゅうございました。ありがとう・・・。

160818_04.jpg

■水無月 ほたる
あぁ・・・ほたる・・・良い子だ・・・。
時折大胆になるも主導権を握られて慌てふためく姿が大変可愛らしくて、たっぷりとニヤニヤさせてもらいました。
ほたるはグッとくるシーンやCGなど記憶に残るものが多くてとても好きですね。
特に最初のキスシーンがCG含めてすごく印象的で大好き。


【総評】

いやぁ・・・純粋に面白かった・・・。
ここ最近私がプレイしたパープル作品の中でも「これはイイ!」と久々にヒットした素晴らしい作品でしたね。
キービジュアルやキャッチコピーに惹かれてすごく気にはなっていて、7月発売作品のシナリオゲーとして結構期待していたんですけど、期待を大きく上回る出来で私大満足でしたよ。
前作クロクロのような拍子抜けな内容にならず、本当に良かった・・・。
関連記事

コメント 0