【ライブ感想】 霜月はるか 10th Anniversary Solo Live"Melody Line" ~side BLUE~

 25, 2015 01:13
151124_01.jpg

「霜月はるか 10th Anniversary Solo Live"Melody Line" ~side BLUE~」 行ってきましたっ!



151124_02.jpg

9月のside GREEN10月のside REDに続く3ヶ月連続マンスリーソロライブ、ラストの「side BLUE」がやってきたー!
まさに3ヶ月連続のマンスリーソロライブの締めくくりに相応しい最高のライブでしたね。いやぁ・・・もう素晴らしかったとしか言えないくらい素晴らしかった。
シモツキンのファンで本当に良かったと心から思える素敵なライブでしたね。


【セットリスト】

01.消えない欠片
02.眠りの果ての蒼い花
03.忘却の翼
04.ユラグソラ
05.月追いの都市
06.捻子巻く時計が月の満ち欠けを刻む
07.精霊祀
08.エルムの丘
09.SACRED DOORSメドレー
10.Starting Voice
11.変わらない場所
12.祈りの種
13.護森人
14.終焉の刻へ
15.お姫様と道化師
16.ツナギ蝶
17.蜘蛛の居る沼
18.夜明けの旅へ
19.虚空が朽ちるまで
20.緋色の薔薇
21.いのちと約束

【アンコール】

22.ジルフェの子
23.星空アンサンブル
24.Melody Line




このようなセットリストで、約3時間半というシモツキンライブではなかなかない長丁場でございました。
各ファンタジーの世界を旅している風にSACRED DOORSから制作順に追っていく構成は、全曲とはいかないものの久々にライブで聴く懐かしい曲が多くて非常に感慨深いものがありましたね。

151124_04.jpg

入場時に配られたシモツキンファンタジーツーリストの旅のしおりはこんな感じでした。
まさしく旅のしおりですな・・・凝ってるw

151124_05.jpg

しおりを開くと旅程表と題して今回旅する順番にそれぞれの世界についての説明やら作品のあらすじが書かれてる感じですね。
レムルローズの使用言語ってマリス語と書いてあるんですが、初めて知った気がする・・・。

151124_03.jpg

ちなみに入場時にしおりと一緒に貰えたアクリルキーホルダーとシモツキンギルド限定のコースターはこんな感じです。



以下は流れと感想みたいなものをつらつらと。

01.消えない欠片
02.眠りの果ての蒼い花

最初からがっつり順番にやるのかなぁ~と予想してたら見事に外れた!
消えない欠片久々にライブで聴けましたねー。
たぶんファンタジーコンサート以来なのかな。
最初から懐かしい曲が聴けて嬉しかったです。

03.忘却の翼
04.ユラグソラ

MCをはさんで最初の旅へ。
まず最初の行き先はSACRED DOORSの世界です。
ユラグソラはLv.3ライブ以来だったと思うので本当に久しぶりでしたね。
約5年ぶりくらい?
その頃はあんまり聞き込んでいなかったので、今回はガッツリと曲に浸れる事ができて良かったなぁ。

05.月追いの都市
06.捻子巻く時計が月の満ち欠けを刻む
07.精霊祀
08.エルムの丘

お次の世界はラグクーア!
なんと言っても精霊祀ですよ!まさか聞けるとは思ってなかったのでビックリ。
ライブで初めて歌ったとのことでこれは本当に嬉しかったですね。
それにしても精霊祀の手拍子が変則的すぎて難しかった・・・。
やっと慣れたと思ったらすでに曲が終わりかけていたのが悔しかったですねw
またいつかライブでやって欲しいなぁ。

09.SACRED DOORSメドレー

お次はティンダーリアかな?と思ったらここでメドレーがきたー!
CD音源で聴くSACRED DOORSと今のシモツキンの歌声とバンド演奏で聴くこの曲の差がすごく新鮮という感じでしたね。
幸せそうに歌っているシモツキンが印象的でした。
後ろのスクリーンに曲名と共にどこで使われる事を想定した曲かという説明が出ていたのですが、「悲しみと一粒の涙と ― 悲しいシーンで流れるテーマ ―」には思わず噴き出しそうになりましたw
直球すぎてあんなん卑怯ですって。

10.Starting Voice
11.変わらない場所

衣装替えとバンド紹介をしたあとはFMCコーナー!
sideGREENとsideREDで順番に歴代曲をやってきたってことで、今回はもちろん現在のOPとEDが!
「Starting Voice」は何度かライブでやられていましたけども、「変わらない場所」はかなり久々だった気が・・・。
やっぱり変わらない場所はイイ曲だなぁ・・・この心にズシンとくる歌詞とメロディがたまらなく好きで自然と涙が・・・。最高でした。

12.祈りの種
13.護森人

そして次の世界は待ちに待ったティンダーリアの世界!
このライブで一番楽しみにしてた場所だったんですが、もうね、バイオリンとピアノの前奏で涙腺崩壊ですよ。
そして流れる涙をゴシゴシ拭いているところにたたみかけてくる祈りの種。
かなり久々に聴きましたがやっぱり祈りの種は泣けますね。おかげでさらに涙がドバドバと。
そして圧巻だったのは護森人。
「こんな迫力のある護森人を聴いたのは初めてだ・・・」と感じるくらいに体中にズシンと来る重低音が凄まじく、曲の最中はただただ圧倒されていました。
バックのスクリーンに映し出される燃えさかる炎とペンライトによってコンサートホール全体が赤一色に染まっていた光景がとても印象的でこのライブで一番印象に残った部分ですね。

14.終焉の刻へ
15.お姫様と道化師

お次はグリオットの眠り姫!
終焉の刻へも実は結構久々な気が。それにしても改めて聴くと色んな楽器の見せ場があるしカッコイイ曲だなぁ。
サビに入る前の部分でのシモツキンの振りを久々に見れて嬉しかったですね。
グリオットの曲は欲を言うならFEL FEARY WEL.も聴いて涙を流したかったなぁ。

16.ツナギ蝶
17.蜘蛛の居る沼
18.夜明けの旅へ

お次は蝶シリーズ!
これまで大体2曲ずつで来ていたので「ツナギ蝶」と「蜘蛛の居る沼」で終わりかなと思ってたらまさか「夜明けの旅へ」が聴けるとは!
これは非常に嬉しかったですねー。ライブで聴けたのはまみれライブ以来だったかな・・・?

19.虚空が朽ちるまで
20.緋色の薔薇

ラストの世界はレムルローズの魔女!
この2曲は否が応でも盛り上がりますよね!
どっちの曲も大好きだー!

21.いのちと約束

アンコール前にラストは予想通りのいのちと約束。
合唱がありますし、やっぱりやるならこのタイミングですよねー。
何度聴いても聴く度に泣ける曲ですが、今回も安定の涙腺崩壊ですよ。あぁ・・・ホントいのちと約束大好き。

22.ジルフェの子
23.星空アンサンブル


アンコールはまずこちらの2曲!
ライブで聴くジルフェの子良いなぁ・・・すごく良かったなぁ・・・!
そして続けて星空アンサンブル。
ライブで聴く度に泣いてますがもちろん泣きましたとも。
今回のライブ、泣かされすぎじゃないですかね・・・泣くの何度目だよ・・・。
星空アンサンブル大好き。超好き。


んで、アンコールのラストに行くかと思いきや、ここで重大発表があり、シモツキンの合図と共に表示される「メジャーデビュー10周年プロジェクト第5弾!」の文字が!
「これで終わりじゃなかったんだ・・・何が来るんだ・・・?」と思いを巡らしていたところに次の文字が!

霜月はるか初の全国ツアー決定!!

ま、ま、マジでぇぇぇぇぇぇ!!!?
自分も周りも割れんばかりの大歓声でしたね。
side GREENとsideREDでは発表がなかったからきっとでっかいものを用意してるんだろうなぁとは予想してましたが予想以上のものがきたよっ!?
気になる日程と場所も既に決まっていて、

4/16(土)横浜
4/24(日)大阪
5/15(日)仙台
5/21(土)札幌
6/4(土)埼玉
6/19(日)名古屋
6/25(土)福岡

という感じです。
なんだこの濃密な3ヶ月は・・・!w
今回の3ヶ月連続ライブだけでもかなりの濃さだったのにまた3ヶ月でこんなにライブがあるだなんて。
とりあえず全部行きたいなぁ・・・。
よーし、これからは積極的に遠征しようと思ってますし、行こう。全部申し込んでしまおう。
仕事休み入れなきゃ・・・とかお金貯めなきゃ・・・とかそんなことは当たってから考えることにしますw
いやぁ来年は初の全国ツアーとまだまだシモツキンのライブをたくさん行けるので嬉しくて仕方ないですね。

24.Melody Line

全国ツアー決定でざわざわしつつ、アンコールラストの曲に。
アンコールラストはもちろんこの曲ですね。
これまで散々涙を流したけどまだ出る涙。最高でした。ありがとうございます。

んで、「Melody Line」を歌い終わったあとの最後の挨拶の所でステージ袖からside GREENとsideREDのバンマスが花束を持って登場するサプライズがありました。
10周年記念ライブカラーに合わせた3色の花束を受け取って涙ぐむシモツキン。
そこへたたみかけるように続けてステージの頭上からくす玉だ降りてくるというサプライズ第二弾がw
まさかそんなものまで用意してたとは・・・w
くす玉の中身は大量のシモツキンぬいぐるみと「次は20周年!」という垂れ幕でございました。
・・・20周年、達成できるように応援しています!



結構長くなりましたが、流れはこんな感じですかね。
先ほども書きましたが、久々にライブで聴く懐かしい曲が多く、それを制作順に追っていけたので非常に感慨深いものがあり、シモツキンのファンで本当に良かったと心から思えるライブでしたね。

そしてシモツキンをはじめ、バンドメンバー、スタッフの皆さん、3ヶ月連続のライブ本当にお疲れ様でした。
10周年記念ライブはどのライブも良かった部分がたくさんあり、「全てのライブに参加して本当に良かったなぁ」「これまではるかさんを追いかけてきて本当に良かったなぁ・・・」と心から思える最高のライブでした。
このような素敵なライブをして頂き、本当にありがとうございました!
これからも精一杯応援していきたいと思います!
関連記事

コメント 0