【プレイ感想】 月に寄りそう乙女の作法2

 05, 2015 12:25
2014年発売予定のNavel新作『月に寄りそう乙女の作法2』を応援しています!

「月に寄りそう乙女の作法2」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。




【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で30時間くらい(アペンド含む)というボリュームでした。
私の攻略順は、「エスト ⇒ 朔莉 ⇒ 春心 ⇒ ルミネ」という順番でプレイ。
おすすめ攻略順としては、朔莉を最初、エストかルミネを最後にプレイするのがいいかなー。

【グラフィック】

メイン原画はつり乙と同じく鈴平ひろさんと西又葵さんのお二人。
制服こそ使い回しですが、今回も色んなデザインの衣装が出てきて素敵でございました。
CGボリュームは普通ですかね。つり乙と比べると少し少ない感じ。

【音楽・ムービー・ボイス】

ボーカル曲3曲とBGM31曲という内容。
今回も素敵な曲揃いで良かったですねー。
中でも「三度目のオルゴール」と「月が綺麗ですね」がとても好きです。
いやぁ・・・DESIREのオルゴールVerは卑怯だよ・・・。

【システム・演出】

システムは欲しい機能は完備されていて不満はなしですね。
変わった点としては、乙りろからマウスジェスチャー機能が追加されたくらいでしょうかね。
ルートごとに色が変わるメッセージウインドウは今回も健在でした。

【シナリオ】

主人公は前作の主人公・ヒロインの子供で、作品の雰囲気・世界観は変わらずそのまま。
今回の主人公である朝陽は前作の朝日ほどの乙女さはないものの、ナルシストでありSっ気な性格はこれまた違った面白さがあって非常に楽しめましたね。
日常会話のテンポといい、セリフの言い回しというかテキストの面白さといい、相変わらずプレイしていて心地良かったです。
シナリオの内容的にはつり乙ほどの密な内容ではなかったですが、十二分に楽しめる内容でした。満足満足。
アペンドのルナ様アフターが想像以上にボリュームがあって、個人的にはこれだけで買って良かったなぁと。

【エッチシーン】

エッチシーンは各ヒロイン3回ずつ、アペンドで2回の合計14回というボリュームでした。
アペンド分を抜かせばつり乙と同じボリュームですかね。
今回のエッチシーンは全体的にギャグに走っていて、「初エッチからかなりマニアックというかすごいことしてんな君たち!?」という感じでとても笑いましたw
こういうノリのエッチシーン、嫌いじゃないぜ。
とりあえずアホ丸出しのエストや言われた通りに実行してしまうルミねえが面白すぎでした。

【ヒロイン】

150105_01.jpg

■エスト・ギャラッハ・アーノッツ
ユルーシュから頭のネジを数本抜いたような残念でチョロいお嬢様という印象ですねウフフ。
「~ウフフ」の言い方がとてもツボでした。
朝陽を太陽の光から守ろうと体を張るエストのシーンが非常に素敵で惚れましたが、エッチシーンでの「おみんみん」とか「グッドラック!」でそんな気持ちも闇の中へ。超笑ったw

150105_02.jpg

■八日堂 朔莉
あ、この子、ただの変態だ!!!と思ったけど、なんだこれ。
ルートに入ったあとの朔莉のギャップがすごいんですけどっ!?
あまりの変わり様というか一途さに別キャラと思えないくらいで。
素の朔莉の話し方がとても可愛くて良かったですね。ああいう方言はグッと来ます。

150105_03.jpg

■銀条 春心
あ、この子、ただのおバカだ!!!
こちらは最後までおバカのパル子のままでとても安心感が。
パル子らしい勢いのある告白シーンは結構好きです。
パル子が作ったフィリコレの衣装がめっちゃカッコ良くて素敵だったなぁ。

150105_04.jpg

■大蔵 ルミネ
なんというかこのお姉ちゃんたまんねぇなっ!!!!
お願いしたり強く押せば最終的に何でもしてくれて甘えさせてくれるルミねえが可愛すぎて可愛すぎて・・・。
こんなお姉ちゃんに「おいで」とか言われたらそりゃいきますって。
あぁ、こんなお姉ちゃん欲しい。そして甘えまくりたい。
なんというか久々にグッと来たというか姉属性に目覚めそうなお姉ちゃんキャラでしたね。


【総評】

つり乙、乙りろと安定した面白さだったので、必然的につり乙2にも多大な期待を寄せていましたが、期待に応えてくれる素敵な作品でしたね。
まぁ、シナリオ的にはつり乙ほどの密さはなかったですがそれでも十二分に楽しめる内容でしたし、魅力的なヒロインをはじめ、各要素とも高水準で、今回も購入して良かったなぁ~と思えた作品でございました。

あと、Limited Edition封入特典のアペンドは今回も濃密な内容でこちらも大満足。
想像以上ボリュームのあったルナ様アフターアフターのルナ様は相変わらず可愛かったし、エイプリルフール企画の『従兄妹理論とその中心』は面白すぎだし、これだけで満足度はかなりのものでした。
特典が本編だったと言っても過言ではない気が・・・。

あ、つり乙2をプレイする際は先につり乙、乙りろの2作品をプレイしておくのをオススメします。
関連記事

コメント 0