【ライブ感想】 canoue 1st chronicle Live

 09, 2014 00:16
141007_01.jpg

「canoue 1st chronicle Live」 に行ってきました!



というわけで、待ちに待ったcanoue 1stライブ!!
今回のライブはcanoueを結成してから制作した曲全曲やるという素敵なライブですよっ!
canoue結成から約1年10ヶ月・・・もうライブが開催できるまで曲数が増えていたことに驚きと嬉しさが。
「今回の全曲ライブは曲数の少ない最初だけできっと今回が最初で最後になるだろうから思いっきり楽しまなければ・・・!」ってことで予習バッチリの万全な状態で参加してきましたよっ。
全曲分かりきってると予習しやすくてイイよね・・・。

んで、会場について私を出迎えてくれたのはシモツキンギルド有志によるcanoueフラワー!

141007_03.jpg

す、す、SUGEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!

確かLv.5ライブの時かなんかもこういうお花はありましたけども、今回は今まで見た花の中でも群を抜いてクオリティが高かった気がします。
見た瞬間から目を奪われ、気付いたら夢中で写真撮ってました。いやぁホントすごい出来ですわ・・・。
これを見たひやまにょつきんはさぞかし嬉しかっただろうなぁ・・・。

141007_02.jpg

んで、私が会場へ到着したときには物販には誰も並んでいなかったためすんなりと目的のモノを購入。
買ったのはライブTシャツとデニムショルダートートでございます。
デニムトートは最初買うつもりなかったんですけど、実物を見た瞬間に「これは・・・!」と思って迷わず購入しちゃいました。
個人的に一番使いやすい大きさだったのが決め手ですかね。
石盤が売り切れていたのは予想通りですけども、残ってたら買おうかなーと思ってたマグカップも完売していました。
後から聞いた話によると、どうやら物販開始から15分くらいでマグカップも完売したようで・・・はえぇ・・・。
とりあえず、Tシャツもデニムトートもめっちゃ普段使いできるのでかなり嬉しいですね。これから使い倒すぜぃ。


【セットリスト】

 1.カノエ~廻る羅針盤~
 2.ARCADIA ~楽園に吹く風~
 3.氷の城
 4.星謳う民
 5.陽のあたる季節
 6.最果ての塔
 7.硝子越しの群青
 8.光つづく道
【アコースティックコーナー】
 9.砂漠に棲む魔物
10.或る吟遊詩人の憧憬
11.君を乗せた方舟
【アコースティックコーナー終わり、バンド紹介】
12.冷たい森
13.蒼の六分儀
14.天を手にした旅人
15.君が居ない鳥籠
16.風に消えた街
17.星のない宙
  (アンコール)
18.ルチカ
19.希う船


ライブはこんな感じのセットリストで2時間20分ほどでした。
事前に告知されていた通りのcanoue全曲ですよ!!
全曲ライブとかまだ1回のライブで出来る曲数だからこそですし、事前に分かりきっていたため全曲をバッチリ予習できたので最初から最後まで思いっきり楽しみ、どっぷりと感動に浸れ、これまでのシモツキンライブの中でも一番楽しんだ感があった気がします。
もちろんこれまでのライブもかなり楽しんでいましたけども、今回は今まで以上にね。
シモツキンの曲は多岐ジャンルに渡って数多くあるので、レベルアップライブでは予習しても絶対に何曲かは知らない曲があったりするんですよね。
ただ、今回は全曲ライブってことでそんな心配がなし。
全曲予習すれば最初から最後まで思いっきり楽しめる・・・なんて素晴らしい。全曲ライブ最高ー!

そういえば今回はオールスタンディングのライブってことで、いつもは席に座ってまったり聴き、盛り上がる曲だけ立ち上がってペンライト振るっていういつものシモツキンのライブスタイルとはちょっと違いますが、オールスタンディングのライブでもやっぱり他のライブと違ってすごく平和ですね。こういうところも含めてシモツキンのライブってイイなぁ~と強く思います。


んで、注目のライブスタート曲は「カノエ~廻る羅針盤~」でした。
この曲からcanoueが始まった訳ですし、実にcanoueらしい順番ですね。
まぁ私はてっきりルチカ辺りの盛り上がる曲から始まるとばかり思ってたのでかなり意外でしたがw

最初がゆったりとした曲から始まった影響か、ライブ前半は「この曲ペンライト振りたいけどみんな振らないの?え、ここで手拍子!?この曲はペンライトじゃなくて手拍子なの!?しかも手拍子が妙に複雑だなっ!?」というみんなの声が聞こえてきそうなくらい手探りしまくりな感じでしたねw

それにしてもライブで聴くと本当に印象の変わる曲満載でしたわ。
いやぁ・・・自分の乏しい語彙でなんて表現すれば良いのか分からないんですが、本当にガラリと変わりましたね。
なんというかシモツキンが歌ってる表情を眺めながら生歌を直に聴くことで、「あぁ・・・この曲ってこんなに素晴らしい曲だったのか・・・」と曲の良さを再発見して、よりcanoueの曲が大好きになりました。
特に「星のない宙」や「君が居ない鳥籠」や「光つづく道」がね、本当にヤバかった・・・。鳥肌立ちまくり感動しまくりでしたわ。
シモツキンのライブではこういう再発見があるからホント楽しくて止められないですね。

そういえば、バンド紹介の時にバンドの方が孤独のグルメでお馴染みの「五郎の12PM」やマリオの曲を演奏していたんですけど、クオリティ高すぎてめっちゃ笑いましたw
いやぁアレは凄かった。



んで、いつもであればライブが終わった後はさっさと撤収してしまうんですが、今回はシモツキンクラスタによるライブ後の打ち上げという名の呑み会に初参加してみたり。
全部で28人(?)くらい参加されて、大半は初めてお会いする方々だったんですが、非常に楽しい呑み会でしたねー。

ライブの物販紹介の中でシモツキンが「石盤を複数集めると何か起こりそうだよね」的な事を言っていたので、呑み会に参加された人の石盤を確認してみると・・・

141007_04.jpg

石盤 が 8個 ありました

あと一つあればイイ感じになっていましたね・・・惜しい!w
というか、この石盤限定30個なんですよ・・・。
限定30個のうちの8個がここに集結とは・・・ガチ勢おそろしや・・・w

それにしても、ライブ後に興奮冷めやらぬ状態でライブの感想を言い合えるっていうのは良いもんですね・・・ホントに。話しても話しても尽きないこと。
これまでずっとTwitter上ではやり取りがあった人ともやっと直々に顔を合わせてご挨拶ができましたし、新しいシモツキンファンとも出会えて繋がりがまた一つ二つ増えましたし、参加して本当に良かった。
計画して下さった幹事様、素敵な時間をありがとうございました!
次も機会があれば是非参加したいと思いまっすヽ(*´ワ`*)ノ


とにかく楽しくて感動しまくりな最高のライブでした!
出演者、スタッフの皆さん、ライブお疲れ様でした!そして素敵なライブ、ありがとうございましたっ!
canoue 2ndライブもそう遠くないうちに開催されるのを心よりお待ちしています。
その時は今回のライブ以降に制作した全曲ライブを・・・!
そして、今回惜しくも見ることの出来なかったMANYOさんのダンスも楽しみにしています。
関連記事

コメント 0