【プレイ感想】 Clover Day's

 31, 2014 00:59
ALcot『Clover Day's』応援中!

「Clover Day's」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で30時間くらいというなかなかなボリュームでした。
私の攻略順は、「ヘキル&ヒカル ⇒ つばめ ⇒ 泉 ⇒ 杏璃 ⇒ 杏鈴」という順番でプレイ。
おすすめ攻略順としては、杏鈴は最後の方が個人的にはオススメですかね。
あとはつばめと泉はなるべくセットでやった方がいいかと。

【グラフィック】

メイン原画は仁村有志さん、鳴海ゆうさん、ちこたむさん。SD原画があおなまさおさん。
とにかくヒロインみんな可愛くて可愛くて最高でした。
ボリュームも予約特典パッチを含めるとSD絵抜きで100枚と十分で大満足。
ALcot作品初参加となるちこたむさんの絵は、仁村さんの絵と非常に相性良いというか立ち絵で並んでても違和感なくて良いですなー。
今回はちこたむさん担当ヒロインで残念ながらちっぱいさんはいませんでしたが、ちこたむさんの描くちっぱいさんも素晴らしいので、これは今後のALcot作品でも参加して頂いて、是非とも仁村さんとちこたむさんのダブルちっぱいヒロインを拝みたいところ。

【音楽・ムービー】

音楽はボーカル曲が3曲、BGMが35曲という充実した内容。
音楽担当はClover Heart'sと同じくMANYOさんなのですが、ボーカル曲・BGMともにMANYOさんの作り出す柔らかなメロディはとにかく美しく、そして心地良くて・・・いくらでも聞いていたくなるたまらなさですね。
やっぱりMANYOさんの音楽は大好きです。
早くサントラが欲しい・・・手に入るのは早くてcharacter1辺りですかね?・・・あぁ待ち遠しい!
それにしても、Clover Heart's-New days recording-最高でございました。

【システム・演出】

ALcotらしい多彩な演出は相変わらずプレイしていて楽しかったですね~。
多彩でコロコロ変わる表情・立ち絵・シチュエーションによって変わる髪型等々、とにかく可愛くて悶えられますね。
それにしても、まさか2ndOPでClover Heart'sの新Verに乗せたムービーを入れてくると思ってもいなかったですわ。
あのニクい演出のおかげで鳥肌立ってしまったじゃないですかー!
システムは前作から特に追加になった機能とかはないかな。
設定項目としてはシンプルですが欲しい機能は一通り揃っているので特に問題ないですね。
あと、毎度お馴染みのクリアごとに変化していくタイトル画面も健在です。

【シナリオ】

シナリオはここ最近のALcot作品で一番ボリュームがあったんじゃないかなーというくらいにボリューミーですね。
作品全体を通して雰囲気が非常に良く、そしてじっくりと描かれた恋愛描写が今回のシナリオで良かった点ですかね。
もちろんALcotらしいギャグとノリは健在でテンポは良く最後まで進められて楽しかったですし、ヒロインの可愛さを十二分に堪能できる甘いいちゃラブ展開はこれでもかというほどニヤニヤさせられましたし、個人的には大変満足。
あと、各ヒロインルートに入る前と中間と最後に流れるヒロインの想いが籠もった言葉が心にきゅんきゅん来てたまんなかったです。

【エッチシーン】

エッチシーンは、杏璃・泉が5回ずつ、杏璃・つばめが4回ずつ、ヘキルが2回、ヒカルが1回、ヘキル&ヒカルが1回の合計22回。予約特典のエッチシーン追加パッチを含めると27回というボリュームになります。
今回のエッチシーンのテキストはいつものノリよりもちょいと抑え気味な感じでしたが、全体的にイチャイチャしつつも楽しめてかつエロさを感じられる内容で良かったですし、前作同様に選ぶのが楽しい選択肢になっていたのが好感が持てましたね。
つばめのわんわんプレイと杏璃のブルマで縛ったプレイが個人的にとてもお気に入り。

【ヒロイン】

140331_01.jpg

■加賀美 ヘキル&加賀美 ヒカル
真逆の性格だけど、二人とも恋を意識してからの変貌が可愛い可愛い一途な双子でしたね。
見事なヤキモチ妬き&恥ずかしがり屋への変貌はニヤニヤものでした。
ヒカルはツンからデレへのギャップ差、ヘキルは主人公の顔がまともに見れなくなってしまうくらいのもじもじっぷりが可愛いのなんの。
ヘキルとヒカルは二人で一つのルートでビックリはしたものの、プレイしてみて納得な内容でしたね。
主人公とヘキルに導かれて、あれよあれよと3Pの道へずぶずぶと足を踏み入れてしまうヒカルが見所。

140331_02.jpg

■竜胆 つばめ
いやぁ、つばめの関西弁がとにかく可愛い!もうこの一言に尽きますね。
関西弁のヒロインとか過去に誰かいたかパッと思い出せないくらいには攻略した印象がないんですが、関西弁ヒロイン・・・アリですね。
声優さんの力も非常に大きいとは思いますけども、エッチシーンとかに妙に色気があって興奮しましたわー。
つばめシナリオは幸せいっぱいのイチャイチャ展開で終始ニヨニヨしていましたね。
つばめ先生の溢れる母性とエロスがたまんないです!やはりピンク髪娘はエロいですね・・・。

140331_03.jpg

■結橋 泉
オナディさんもとい、泉がくそ可愛かったです。
素直になれないけど、嬉しいのを必死に隠そうとしつつも隠し切れていない様子とか噛みまくるところとか挙動の一つ一つがもうとにかく可愛い。あぁ可愛い!
「ばーかばーか」の発音も可愛らしくてニヤニヤしてしまいますし、それにMな人にとっては最高のご褒美でしたね(ニッコリ
泉シナリオは背伸びしない等身大の恋愛過程が実に面白く、そしてきゅんきゅんできる内容ですごく好きですね。
キャラ・シナリオ共にこの作品で一番好きですかね。

140331_04.jpg

■鷹倉 杏璃
可愛い可愛い妹その1!
杏璃の秘書姿最高ー!サイッコー!
私もこんな可愛い義妹という名の専属秘書が私も欲しいです。そしてエッチな教科書を使った杏璃勉強法で勉強してイチャイチャしたいです。
人前だと素直になれなく、お兄ちゃんと呼んで甘えたいのにそれを必死に抑えてるけど抑え切れてない感じが大変にキュート。
そして恋人同士になると素直になって甘えまくる杏璃がこれまたさらに可愛くて頬が緩みっぱなしでしたね。
あと、杏璃は他ルートで愛するお兄ちゃんが別のヒロインと恋人同士になったときに「イヤだー」と駄々をこねる姿がとても愛らしかったです。

140331_05.jpg

■鷹倉 杏鈴
可愛い可愛い妹その2!
あぁんもう杏鈴の笑顔が天使すぎだし、あの甘えっぷりと守ってあげたい小動物っぷりで私ダメになりそう。というかダメになりました。
あの可愛らしい声で「おち○ちんさん、おま○こちゃん」とさん・ちゃん付けで可愛らしく言われた日にはそりゃ悶えますって。
とにかく元気で素直で純真で甘えん坊な杏鈴が可愛くて可愛くて仕方なかったですね。
私も!もーにんぐもふもふされたい!もふもふしたい!
杏鈴シナリオは全体の中でもシリアス成分多めですが、まさにメインシナリオといった内容。
家族の温かさを感じられるお話でほっこりできて良かったです。


【まとめ】

私の大好きなClover Heart's発売から10年と少し・・・本当に待っていて良かった。制作してくれて本当に感謝。
素直にそう思えた素敵な作品でした。
ここ最近のALcot作品で一番好き。もう大好き。

さすがに前作のキャラが全員出るわけではなかったですが前作のキャラも登場して懐かしさを噛みしめつつ、10年後という新しいClover Heart'sの世界観を堪能することができて本当に幸せでしたね。
それにしても、エイプリルフールに発表されたときには、「(ネタだからきっと無理なんだろうけど)いつまでも待つので製品化して下さい!」と半ば諦め気味だっただけに、まさか本当に製品化するとは・・・。

まさに10周年記念作品に相応しい素敵な作品で大満足でした。
ありがとうございました!
関連記事

コメント 0