【プレイ感想】 相州戦神館學園 八命陣

 29, 2014 15:27
相州戦神館學園 八命陣 応援中!

「相州戦神館學園 八命陣」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で32時間くらいと結構なボリュームでした。
私の攻略順は、「晶 ⇒ 歩美 ⇒ 鈴子 ⇒ 水希」という順番でプレイ。水希ルートは最後固定のようです。
オススメ攻略順は・・・自分のプレイした順番がいいかなぁと思います。

【グラフィック関連】

原画はGユウスケさん。
通常のエロゲと比べるとエロCGの割合が極端に低いですが、ボリュームも十分ですし文句なし。
相変わらず萌えるというよりカッコイイCGが多めです。
それにしてもそばもんのビジュアルが色々と強烈でしたねw
ドラクエのエスタークを彷彿とさせるデザインというか・・・なんだあの気持ち悪い着ぐるみ。

【音楽関連】

ボーカル曲が3曲、BGMが37曲という内容。
榊原ゆいさんの歌うOP曲はDiesのときと同じようにカッコイイ曲ですし、作中でも盛り上がる部分で流れるんですが聴いてるだけでテンション上がりますね。
BGMもプレイを盛り上げてくれる素敵楽曲揃いで大変気持ちよくプレイできました。

【演出・システム関連】

なんと言っても4K対応という点でしょう。
まさか4K対応のエロゲが出るだなんて・・・さすがlightというべき変態スペックですね。ブラボー。
随所に動画を使われていたのが印象的でした。
OP・EDや各話タイトルのムービーを抜かしても28個とかなりの数ですね。そりゃ容量も大きくなりますわ・・・。
一つ一つは短いですけどムービーの導入も自然でプレイがより盛り上がって良かったです。
システムに関しては欲しい機能は一通り揃っていて、これと言って不満はなかったですね。

【シナリオ関連】

今回も実に熱く、そして面白かったですわー。
萌えゲーのようないちゃラブ展開はほぼ皆無ですが、その分熱い展開盛りだくさん。
学生生活らしいおバカなノリあり、次々と襲ってくる絶望、敵味方クセのあるキャラ同士の熱いバトル・・・と畳みかけてくるテンポと爽快感がたまらないですし、序盤の焦らされっぷりのもどかしさからの謎や伏線が少しずつ解き明かされてスッキリしていく様にはズブズブとハマっていき、そのおかげで最終的には早く続きが読みたくて止め所を見失っていました。
シナリオのボリューミーさは相変わらずですが、過去作のものと比べるとクセが押さえられた感じで随分と読みやすくなった印象ですかね。

【エッチシーン】

エッチシーンは、水希が2回、晶・歩美・鈴子が1回ずつの合計5回。
どれも特別に濃厚なわけでもCG枚数が多いわけでも内ので、エッチシーンのボリュームだけは物足りなさがありますね。
ただまぁこれに関しては予想の範囲内と言いますか、この作品を購入する人は求めてるものはエロよりもシナリオでしょうし問題ないと言えば問題ないはず・・・。
エッチシーンは主人公ボイスがあっても気にならない台詞回しになっていて良かったと思います。

【ヒロイン】

140329_20.jpg

■真奈瀬 晶
この作品で一番ヒロインしていた女の子ですかね。
とにかく素直で仲間思いの性格な乙女な子で可愛かったですし、「みんなの傷はあたしが全部治してやる!」と覚悟する晶が男前で惚れてしまいますわ。
羽衣さんマジカッコよす。

140329_21.jpg

■龍辺 歩美
アグレッシブ・・・というか肉食系女子ですね。
普段は神経図太くて強そうな歩美が、脆くて弱い一面を見せるシーンにはグッと来て良かったです。
歩美ルートで印象に残ってるのはエッチシーンですかね。
スカートたくし上げた時の歩美のドヤ顔が私はとても好きです。

140329_22.jpg

■我堂 鈴子
もはやヒロインではなく、個性溢れるというか素晴らしいギャグ・顔芸要因でしたね!!
鈴子さん・・・エッチシーンまでギャグに染めるとかどこまで体張ってるんだ・・・。
鈴子シナリオはなんというか主人公以外の男キャラの見せ場がたっぷりで、プレイしていて「はて・・・今誰ルートやってるんだっけ?」と錯覚するほど男キャラが熱いシナリオでしたね。鈴子さんなんておまけだったんだ・・・(酷
それにしても、北見六花さんの演じるヒロインは面白い子が多いことで・・・w

140329_23.jpg

■世良 水希
歩美に負けず劣らずのアグレッシブさ見せてきたり、意外なノリの良さを見せたり、ぱっと見のイメージから崩壊していくキャラがなかなか良い感じの女の子でしたね。
とりあえず、歩美の子守歌にさりげなく乗っかる水希に笑わずにはいられなかったです。
水希ルートは最初からクライマックス&リベンジマッチと熱い展開の連続で燃えましたね。
他ヒロインルートはこのための踏み台だったんだと言わんばかりの盛りだくさんな内容で色んな意味で濃かったです。


【まとめ】

予想通りのボリューミーさ&期待通りのやり応え・読み応えがあり、止め時を見失うくらいに熱く面白い作品で大満足でございました。
過去作のものと比べるとクセが押さえられた感じで随分と読みやすい感じで、最初から最後まで飽きることなく楽しめて良かったですねー。
人によっては物足りないと思うかもしれませんけど、個人的にはこのくらいでも十分な感じ。
正田崇さん・Gユウスケさんコンビの作品はやはり熱いですね。

とりあえず野枝さんが可愛すぎるので、野枝さんの出番をもっと!
関連記事

コメント 0