【プレイ感想】 ハピメア -Fragmentation Dream-

 13, 2014 01:40
【ハピメア】応援バナー

「ハピメア -Fragmentation Dream-」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【前作の感想】

ハピメア

【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で17時間くらいというボリュームでした。
選択肢でエンディングが分かれる部分が2ヶ所ある以外はほぼ一本道なのでオススメの攻略順とかは特に無しですかね。
途中のショートシナリオはとりあえず左上から順番に選んでいくのが良いと思います。

【グラフィック関連】

原画は前作と同じく克さんと月杜尋さんのお二人、SD原画はこもわた遙華さんという体制ですね。
基本的には前作と感想は同じですが、CGボリュームがフルプライスにしてはちょいと少ないですね。
CGはエッチCGの割合が多い感じですが、それ以外のCGも全体的にもう少し欲しかったところ。

【音楽関連】

音楽は今回新しくボーカル曲が3曲、BGMは5曲が追加されていました。
今回のボーカル曲に関しては個人的に前作以上にどれも素敵な曲で私は好きですね。
特に美月琴音さんが歌うED曲の「後ろ髪の証跡」が感動的な曲で大変お気に入り。
あと、ムービーも個人的にはお気に入りです。
前作の緩やかで雰囲気たっぷりなOPムービーもなかなかに魅入ってしまう良いムービーでしたけども、個人的には今回の方が好きですね。冒頭のニカッと笑う舞亜がツボです。

【演出・システム関連】

システム面は前作と変わりないですね。
演出では、咲が新しい制服を着て主人公に見せるシーンがあるんですが、そこの咲のスカートが捲れるCG差分を使った演出がなんというか・・・あざといですね。
おかげでパンツにばかり目が行って話が頭に入ってこねぇ・・・!

【シナリオ関連】

シナリオは基本的に有子メインの一本道で、ショートシナリオをある程度自由に選びながら進めていく形式。
お家芸のハーレムさは健在ですし、前作ではあんまり堪能できなかったヒロイン達とのいちゃラブ展開をたっぷりと堪能できるのでこれを待ってましたという感じですね。
シナリオとしてはそれなりに良いお話ではあったんですが、やっぱりちょっと蛇足感が強めですかね。
とりあえず、いちゃラブ展開を堪能できればそれでいいんだ!という人向けでしょうか。

【エッチシーン】

エッチシーン数は、有子・弥生・景子・舞亜が4回、咲が5回、有栖が2回、3Pが2回の合計25回とたっぷりな内容。
まさかちっちゃい有子とのエッチまであるとは・・・犯罪的なお医者さんプレイ・・・すばらでした。
やはり克さんの描くツンとした張りと柔らかさを合わせ持ったロケットおっぱいを使ったシーンはとにかく素晴らしいの一言ですね。
あと、今回もエッチシーンのカットイン演出もエロさが増してなかなか良かったですし、大満足でございました。

【ヒロイン】

140313_01.jpg

■鳥海 有子
今作のメインヒロインですね。
ロリから巨乳キャラまで網羅し、病弱キャラに加えてボクっ子、主人公へのべったり具合やあの無防備さといい、主人公に依存しまくりの有子がとにかくあざとい。でも可愛い。大変にあざと可愛い子でした。
学校での手を繋ぐシーンの反応とか初々しくてグッと来ましたねー。
それにしても、有子と有栖に腕組みされてるサンドイッチ状態が大変羨ましい・・・。

他ヒロインは前作の感想へ


【まとめ】

続編でもありファンディスクでもある立ち位置の本作ですが、良くも悪くも普通のファンディスクだったかな。
ちょいと蛇足感が強めのシナリオなのでとりあえずいちゃラブ展開を堪能できればそれでいいんだ!という人向けの作品ですかね。
フルプライス作品として見るとちょっと物足りないかなーという感じでしたが、個人的には前作物足りなかったいちゃラブ展開をたっぷりと堪能できましたし、購入目的の大半を占めるエッチシーンもボリュームたっぷりで満足できたので良し良し。
関連記事

コメント 0