【プレイ感想】 イノセントガール

 02, 2014 16:10
『イノセントガール』2014.2.28発売予定

「イノセントガール」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で21時間くらいというボリュームでした。
私の攻略順は、「鼎 ⇒ このか ⇒ いちご ⇒ ハーレム ⇒ かがり ⇒ 雛子」という順番でプレイ。
いちごルートとハーレムルートは一人クリア後のおまけでプレイできるようになります。
おすすめ攻略順としては、かがりと雛子は最後辺りにプレイするのが良いですかね。
個人的には雛子EDが良かったので雛子を最後がオススメかな!

【グラフィック関連】

今回も前作同様に通常原画もSD原画も全てななかまいさん一人で担当。素敵です。
あぁ、やっぱりななかまいさんの描くキャラは可愛くてたまない!
SD絵も相変わらずのキュートさで癒されましたし、一つ一つのCGをそれはもう心ゆくまで堪能させられましたね。
背景を始め、CGの綺麗さはさすがフロントウイングという感じ、ボリュームも十分ですし、大満足でございました。
お気に入りCGは海辺に座ってるCGやラストの笑顔が実に良かった。

【音楽関連】

ボーカル曲は3曲、BGMは20曲、インスト曲が3曲という内容。
ボーカル曲はKOTOKOさんのOP曲はノリの良い華やかさ溢れる曲で聴いていて心地良いですし、作中とリンクしてるはなさんの挿入歌は美しい曲で感動しましたし、Ayumi.さんのED曲はとにかく可愛い可愛い一曲でしたし、どのボーカル曲も大変に満足でございました。
いつもならサントラはよ!と言っているところですが、ゲーム本体と同時発売なのでプレイした後に、「あぁこの曲のフルVerを早く聴きたいよーーー!」とならずに済んで個人的にかなり嬉しいですね。

【演出・システム関連】

今作のシステムで変わった特徴としてはタッチパネルに対応したって事でしょうかね。
私はタブレット等のタッチパネルを使ってエロゲをする環境がまだないので使用感などは書けませんけども、タブレットでもエロゲプレイがしやすくなる環境が着々と進んでいると思うとエロゲーマーとしては嬉しい限りですね。
そろそろ私もタブレット買ってエロゲをタッチプレイできる環境を整えますか・・・。
他の基本的なシステムや設定内容はここ最近のフロントウイングと変わらない感じですかね。
前作のピュアガールと比べると、射精コントロールがなくなってるのが個人的には少し残念な部分でしょうか。

【シナリオ関連】

いやぁ、最初から最後まで色んな意味で非常に楽しめたシナリオでしたね。
前作ピュアガールと同じように基本的には変態ヒロインによるおバカなノリを楽しむ内容なのは変わらずですが、今回はそこにちょっとホロリとする展開も組み込まれていて、内容的にはとても充実していましたね。
ピュアガールではシナリオのボリュームにちょっと物足りなさを感じていただけに、その点が改善されていて大変嬉しかったです。
所々で入るきらる先生の綺麗なポエムがまたイイ味出していて良かったですな。
各ヒロインのブレなさには笑わせられテンポ良くサクサクと進むシナリオは飽きが来ないし、キャラは可愛くて萌えられていちゃラブを堪能できましたし、エッチシーンもエロかったですし、とにかく楽しめました。

【エッチシーン】

エッチシーン数は、メインヒロインが各7回ずつ、いちごが1回、ハーレムエッチが3回の合計32回とボリュームたっぷり。
変態度でいくと前作ほどではないですけども、ヒロインごとに趣向の違ったシチュエーションを堪能できる濃厚エッチで大変に満足。
個人的にかがりと鼎の足コキが好きです。大好きです。
あと、このかの女医さんプレイとか雛子のくぱぁもエロエロでしたし、非常に大満足なエッチシーンの数々でございました。

【ヒロイン】

140302_01.jpg

■逢坂 鼎
溢れ出すエロスがたまらないですね。
デートが恥ずかしくてセックスが恥ずかしくないとか・・・さすがですw
雷を怖がってる姿や料理とか駄目そうに見えて実は上手いとか普段とのギャップが良いなぁと思ったヒロインで結構お気に入り。
鼎シナリオは好きという気持ちを意識し始めてからの「純愛ってなんだろう?」と初めて恋に悩む姿に萌える良いお話でして、鼎可愛かったですわー。
床に寝そべって仕事をしてる鼎のお尻丸見えCGがなんというか・・・実にそそられる良い尻と太ももでございました。

140302_02.jpg

■御堂 このか
いやぁ、思考が斜め上にぶっ飛びすぎでやっぱりピンク髪の子はエロかった。
「泣く」⇒「抱きついて落ち着く」⇒「じゃあおちんちん舐めるね」
という迷いのない華麗な流れには大変笑わせて頂きました。
ファーストキスよりも前戯・フェラの方が重要とか、このかは本当にどこまでおちんちん好きなんだよ!w
耳掃除で下から見上げるおっぱいが大変に素晴らしかった・・・。私もこのかに耳掃除して貰いたいです。

140302_00.jpg

■天衣 いちご
いちごちゃん可愛い。
でも残念ながら男!もう一度言う。可愛いけど男だ。そして変態だ!以上!
姿形は違えど、男の娘ということと中の人がみるさんということでピュアガールのれもんちゃんそのものでしたねw
それにしても、理事長室に盛大に噴きましたわw席の後ろに飾ってあるあの肖像画は卑怯だよ!!w

140302_03.jpg

■綾代 かがり
変態というか頭のネジが一つや二つぶっ飛んだヒロインが多い中、唯一まともとも言える子ですかね。
あ、でもこの子の思考もドリーム荘の面々に感化されておかしかったし、若干露出狂でしたわ・・・。なのでやっぱりさっきのまとも発言なし。
いやぁ、かがりんは超絶可愛かったですね。この作品で一番好きな子ですね。
感情をあまり表に出さないけど、その話し方とか纏ってる雰囲気がすごく私の心を揺さぶってくる可愛さがあって正直たまんなかったです。
特に恋人同士になってからのかがりんは甘酸っぱさ全開で萌え殺されるかと・・・あぁもう!あんなの悶えるに決まってる!
とりあえず、かがりんをグミで餌付けしたいです。はい。

140302_04.jpg

■七海 雛子
きょーもわったしはー、わーんおわんお、わんわんおー♪わんわんおー♪
大変だ!この妹、変態だ!こいつは変態だーーー!!(大事なことなので2回以下略)
いやぁ、想像していたよりずっと変態な妹でしたね。
寝てる主人公に跨がって堂々とするオナニーも結構衝撃的でしたけど、そんな行動なんて些細なことと思わせるレベルのおしっこ料理ですよ。
おしっこハチミツ金柑ソーダの時点では、「ピュアガールのおしっこ冷やし中華までとはいかないけどこれまた凄いものが出てきましたなぁ・・・」くらいだったんですが、まさかこれだけで終わりじゃないとは・・・w
本当にとんでもねぇ料理でした。アレは確実に前作を超えるおしっこ料理ですわ・・・雛子・・・恐ろしや・・・。
とにかく、ぶっ飛んだ行動や予想斜め上の反応だったり、見ていて飽きない素晴らしい変態駄妹でございました。


【まとめ】

いやぁ、ヒロイン全員可愛すぎて超絶幸せでしたし、今回も非常に楽しませてくれた作品でしたね。

前作ピュアガールと同じように変態ヒロインによるおバカなノリに加えて、今回はちょっとホロリとする展開もあり、エッチシーンだけでなくシナリオでも満足感の高い作品になっていて良かったですねー。
ピュアガールではシナリオのボリュームにちょっと物足りなさを感じていただけに、この点が改善されていて個人的に大変嬉しかったです。

とにかく大大大満足な作品でございました。
関連記事

コメント 0