【プレイ感想】 きみと僕との騎士の日々 -楽園のシュバリエ-

 01, 2014 12:49
「きみと僕との騎士の日々 -楽園のシュバリエ-」情報公開中!

「きみと僕との騎士の日々 -楽園のシュバリエ-」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で19時間くらいというボリュームでした。
私の攻略順は、「慧 ⇒ 瑠々花 ⇒ 冬莉 ⇒ 明日奈 ⇒ ヴィヴィ ⇒ 楽園の騎士編」という順番でプレイ。
おすすめ攻略順としては「(瑠々花 or 冬莉 or 明日奈 or ヴィヴィ) ⇒ 慧 ⇒ 楽園の騎士編」がイイかなーと思います。

【グラフィック関連】

原画は、織澤あきふみさん・osaさん・ぺろさん・くらはさん、SD原画が泉水真琴さん。
美しいシーンのCGが多く、エッチなCGはエロくボリュームも十分で満足でございました。
鎧のデザインが同じチームでもヒロインごとに違っていたり、胸の部分がすぐベローンといきそうなこれ本当に鎧なの?みたいなデザインがなかなかに新鮮でこういう鎧も良いですね。

【音楽関連】

ボーカル曲は2曲、BGMは24曲という内容。
ボーカル曲は疾走感とサビの盛り上がりが素敵なOP曲、歌詞・メロディが感動を誘いまくりでこれぞエンディング曲だ!と言わんばかりの歌には涙して、とにかくどちらも大好き。あのエンディングにこの曲は・・・ヤバい組み合わせですね。
BGMもいかにも騎士ものらしいというBGMが多く、ワクワク感がたっぷりでたまんなかったですね。
特にホルンを使った戦闘曲のカッコイイことカッコいいこと。個人的にかなりお気に入りな一曲です。
とにかく、ボーカル曲・BGM共に大変に素晴らしい楽曲揃いで大満足でございました。
サントラ、早く欲しぃ。

【演出・システム関連】

必要な機能は揃っているし、使っていて特に不満ないシステムでしたね。
欲を言えば、次の選択肢へジャンプ機能とかがあれば良かったかなーという感じ。
クリア後にはユニゾンシフト作品お馴染みのBGM解説が今作もきっちりと収録されていて満足満足。
予約特典だった「えっちな人には見えない鎧パッチ」はよくある裸パッチなんですが攻略ヒロインのみの適用だったため、これサブキャラの女の子にも適用されると個人的には嬉しかったかなーと。

【シナリオ関連】

いやー、なかなかに楽しませてくれた飽きさせない展開の連続で面白かったですねー。
やはりある目標に向かって立ち向かう姿や、能力では劣るチームが強敵に大していかにして勝つかという頭を使った戦い方っていうのは熱いですね。
熱いバトルパートにはグッと引き込まれ、合間にちょこちょこ入るラッキースケベイベントでニヤニヤを楽しむ前半の共通ルート。
ただひたすらいちゃラブしてヒロインの可愛さを堪能する後半の個別ルート。
全ての真相が判明してさらにググッと引き込まれる盛り上がりを見せる締めの楽園の騎士編・・・そのどれもがそれぞれ楽しめて良かったです。
個別は最後の楽園の騎士編ありきな展開なのでラストは「あれ?ここで終わり?」みたいな感じですけど、その分楽園の騎士編の飽きさせない展開は胸熱でしたねー。

【エッチシーン】

エッチシーン数は、ヴィヴィが1回・その他のヒロインは各4回ずつ、特典のDLパッチでプラス3回の合計20回というボリュームでした。
本編もエロかったですが、それ以上にクリア後に追加されるEXエッチシーンが軒並みエロエロで非常に良いですな。
特に冬莉の弾けっぷりといったら・・・カメラを構えながら前立腺を刺激してくる冬莉・・・なんだこの変態w
本編のエッチシーンではすなとの拭き拭きし合うシーンが個人的にすごく好き。なんか・・・イイよね!
あ、DLパッチで追加されるエッチシーンは本編クリア後にプレイしないと盛大なネタバレ踏むので気をつけてくださいー。

【ヒロイン】

140201_14.jpg

■西園寺 慧
見栄を張って強がる慧はからかいたくなるくらいに可愛いですなー。
告白シーンの「べ、別にぃ~?」や付き合い始めてからの慧の浮かれっぷりはニヤニヤものでした。
伏せ字の所のセリフは面白いので飛ばさずに是非とも全部聴いて楽しむとイイですよ。
それにしても籠手じゃないとイクことができないとか・・・慧さんパネェっす。

140201_10.jpg

■東谷 瑠々花
私もこんな包容力のある優しいお姉ちゃんが欲しいです。
そして、るる姉のおっぱいに零れたミルクを私も拭き拭きしたいです!はい!!(満面の笑み)
膝枕シーンでの下から見上げるおっぱいの圧倒的破壊力・・・すばらでした。
瑠々花ルートは告白シーンのCGが個人的にとても好き。
あのちょっと恥じらっている表情がグッと来きました。

140201_11.jpg

■北條 冬莉
「セフレとして使って欲しい」とかアホ・・・というか変態だ、この子!
どのルートでもブレないこの思考・・・完全に中身は変態のおっさんですね。
感情をあまり表に出さない分、内心でのゆきちゃん激LOVEの感情の盛り上がり具合とかお零れに預かろうと虎視眈々と狙ってる姿とか冬莉は実に面白いキャラでした。
それにしても冬莉エッチシーンの全裸で顔の前でドーンはエロかった・・・。

140201_12.jpg

■南堀 明日奈
すながとにかく可愛い!!武器や鎧のデザイン含めてこの作品で一番好きなヒロインでしたねー。
とりあえずハルバートを振り回して鎧のスカートをひらひらさせながら舞う姿が動画で見たいです。
気弱だったすなが戦いを経て強く逞しく成長していく姿はシビれましたね。
特に第5との取引シーンは感動ですし、シーンとしてもCGとしても美しくてとてもお気に入りなワンシーンですね。
個別では恋をして積極的になったすなが可愛くて可愛くて・・・。

140201_13.jpg

■ヴィヴィアン・ル・アルフェリア
ヴィヴィの纏っている雰囲気がテーマ曲と合わせてすごく好きですね。
この子もこの作品の中ではかなりお気に入り。
ヴィヴィルートは嬉しそうに学園生活を送るヴィヴィがとにかく可愛くて頬が緩む緩む(*´Д`*)
それと、ヴィヴィルートでの一目惚れするゆきちゃんがなんだかとても可愛かったですな・・・w
それにしても、ヴィヴィが作中で「ビビ」という愛称で呼ばれているおかげで、自分のHNが「ビビ」の私にとってはおこぼれで色んな所から「ビビちゃん」と呼ばれてなんだかすごくお得な気分になりました。ありがとうございます。


【まとめ】

いやぁ、面白かった!
ユニゾンシフト:アクセントでお馴染みの織澤あきふみさんプロデュースの新ブランドpiriri!の処女作は、エロく、そしてストーリーでも飽きさせない楽しさが詰まった内容で買って良かったなぁ~と思えたくらいに素敵な作品でしたね。
CG・音楽・シナリオ・いちゃラブ・おっぱい、全てにおいて素晴らしいクオリティでしたし、2014年の新作エロゲ一発目としてはそれはもう十分すぎるほど大満足でございました。
単発のブランドかそれともこのブランドでこれからも何作も出して行くのかわかりませんけども、1作目で終わりにしないで是非ともpriri!の2作目も作って頂きたいですね。これからもついて行きます。
関連記事

コメント 0