【プレイ感想】 Timepiece Ensemble

 26, 2014 11:49
Timepiece Ensemble

「Timepiece Ensemble」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で24時間くらいと結構なボリュームでした。
私の攻略順は、「桜織 ⇒ 十和子 ⇒ 抄 ⇒ ちあら ⇒ ななみ」という順番でプレイ。
おすすめ攻略順としては特にないので好きな順番で良いと思いますが、ななみは最後固定っぽいです。

【グラフィック関連】

原画はせせやなうさんの単独原画。
せせやなうさんの可愛くて萌えられる絵はホント素晴らしいですね。癒されますわー(*´Д`*)
胸元の開いた制服はエロ可愛いし、ちあらのニーソのデザインが超可愛くて良かったですね。
悶えまくれるくらいの可愛い絵に関しては満足でしたが、CGボリュームはフルプライスにしては圧倒的に少なくてかなり物足りないですね。

【音楽関連】

ボーカル曲は2曲、BGMは20曲という内容。
ボーカル曲は良かったですが、BGMの方は特に印象に残らず。

【演出・システム関連】

問題だらけというか不満だらけすぎて何から文句を言えばいいか迷いますが、とりあえずこの一言。

なんでタイトル画面がないんだよっ!!

きっとプレイした誰もが思う率直な感想だと思います。
ゲームを起動する度&個別をクリアする度に最初のチラシ配りのシーンを見る羽目になり、本当にうんざりですよ・・・。
カーソルを右上に持っていかないと出現しないCGモードと音楽モードはとにかく分かりづらい・使いづらいですし、CGはヒロインごとにまとめられていないので見づらいし、回想モードはないし、明らかに手抜きと思える感じ。
抄ルートの初エッチシーンで声優さんの咳が混入していたり、SEやBGMがシーンと合ってなかったり、普段あんまり細かいことには気に留めない私にでさえ気になるくらいに色々と粗が目立っていましたね。

【シナリオ関連】

ALcotハニカムから発売された1/2 summer同様に基本は萌えとエロを前面に押し出したいちゃラブ路線、最後のルートで色々と判明して終わるような構成でした。
1/2 summerでは非常に萌えられたけどシナリオが微妙だったので今作では良くなっているといいな~と期待していましたが、相変わらず微妙という感じでしたね。
ヒロインといちゃラブしてるのを楽しむだけなので萌えるには萌えますが、大きな盛り上がりもない会話をダラダラと続けてエッチするだけでなんというかすごく退屈なんですよね・・・。

【エッチシーン】

シーン回想がない酷いシステムなため詳細に数えていませんが、エッチシーン数は各ヒロイン5~7回くらいの結構な数が用意されていました。
本当にどのヒロインも発情しまくりで所構わずエッチをおっ始めて、この子らすげーなと思うシーンの連続でしたね。
特に桜織と十和子は性欲魔神でした。

【ヒロイン】

140126_00.jpg

なんだかいつものように個別に書くこともないかなーってことで今回はまとめて!(書くのが面倒くさかったともいう)
ヒロイン全員集合のCGでも貼ろうと思ったら、全員描かれてるCGって一枚もなかったよ・・・。
どのヒロインも「私とエッチしよう」と迫ってくるほど積極的で、ヒロイン達みんな「羞恥心どこ行った!?」とツッコミたくなるほど所構わず積極的に発情しまくっていて大変にエロ可愛かったですね。
この娘達の性欲すごすぎですわ・・・。
特に妹の抄は兄のことが好きすぎてプチ監禁するくらいハードな愛し方をしてくるとか、なんというか一度吹っ切れたらとんでもなかった・・・。

【まとめ】

エロと萌えを前面に押し出した作品でしたね。
ALcotハニカムから発売された1/2 summerと同じスタッフの作品ということで、世界観が繋がっていたりキャラが再登場していたり、1/2 Summerのプレイが必須とまではいかないですけど、プレイしているとイイかなーという感じ。
1/2 summerを楽しめた人なら楽しめる・・・とは思いますが、個人的には不満しかなし、フルプライスには見合わない部分が多かったのであまりオススメできないですかね・・・。
まぁ、「せせやなうさんの描くキャラの可愛さだけを堪能できれば十分だ!」と割り切って楽しむ分には良い作品だったと思います。
関連記事

コメント 0