【プレイ感想】 ワルキューレロマンツェ More&More

 03, 2013 16:15
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!

「ワルキューレロマンツェ More&More」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で21時間くらいというボリュームでした。
私の攻略順は、「綾子 ⇒ ベルティーユ ⇒ 茜 ⇒ 前作ヒロインアフター」という順番でプレイ。
おすすめ攻略順は特にないので好きな順番でやるのが良いかと。

【グラフィック関連】

原画は前作と変わりなく、こもりけいさん!
CG美しさとエッチCGのエロさとお尻の肉感が相変わらずたまらなく素晴らしかったですねっ!
そういえば今回は前作ではモザイク処理されていたアナルが無修正でしたね。
なんか妙にリアルに描かれていてすごくエロかったです・・・。

【音楽関連】

ボーカル曲が3曲、BGMが新規に27曲という内容ですね。
BGMは結構使い回しかと思いきや、新規でかなり入っていてビックリでしたね。
ボーカル曲はどれも素敵な曲でお気に入りですが、しほりさんが歌う挿入歌の「My Spring」が特にお気に入りです。イイ曲ですわー。

【演出・システム関連】

システムや演出等は相変わらず良いですねー。
前作のものからマウスジェスチャー機能が搭載されて、元々完成度が高かったものがさらに万全な感じに。
あと、ゲームを起動したからタイトル画面になるまでの演出相変わらずイイですなぁ。

【シナリオ関連】

前作ではサブヒロインだった3キャラにスポットを当てたストーリーは、キャラクターの新たな一面を見ることができて良かったですねー。
特にベルティーユさんがこんなに可愛い子だったなんて・・・ビックリです。
前作でちょっと物足りなかった付き合うまでの過程の描写がしっかりと描写されていて個人的には大満足でしたね。
その代わりジョストの試合描写が割と薄く、あっさりと決着が付いてしまったので、もう少し白熱さが欲しかったところですけども・・・。
あと、個別に分岐するまでのプロローグ部分が丸々収録されているので本編をプレイした人は思い出すのにはちょうど良いし、前作やってなくてこちらからプレイしても問題ない親切設計なのはとても良かったと思います。

【エッチシーン】

エッチシーンは回想でカウントすると茜・ベルティーユ・綾子が6回ずつ、前作ヒロインが1回ずつの合計22回ですね。
ただ、キスシーンが2シーンずつ入ってるので、純粋なエッチシーンとしては16回でしょうかね。
まぁ、キスシーンがカウントされているのも納得なくらいにキスシーンがエロかったです。エロかった・・・。
本番シーンの方も前作同様にワンシーンの長さ・内容ともに満足で良かったですよー。

【ヒロイン】

131103_05.jpg

■柊木 綾子
綾子さんは本気になってからのキスがとてもエロかったです。
綾子さんシナリオは主人公が騎士に戻るために奮闘する展開が大変胸熱で面白かったなぁ。
主人公の背中を押す綾子さんのセリフがすごく良かったです。
というか、綾子さんシナリオはどちらかというとエリールートな気がするんですがっ!!
エリーが一途すぎて・・・なんでエリーがヒロインじゃないのかと小一時間ほど問いたいところですよ・・・。

131103_06.jpg

■ベルティーユ・アルチュセール
ベルティーユさんがくっそ可愛いんですけど、どういうことなのっ!?
前作では良い人だけどちょっとウザいキャラみたいな印象しかなかったんですけども、個別ルートに入ったベルティーユさんはとんでもなく乙女で可愛いですな!
シナリオを進めて行くに従ってどんどん可愛らしい一面を見せていくベルティーユさん・・・可愛いなぁもう!
にしても、新キャラのアリスはベルティーユみたいなキャラですごく濃かったですな・・・w
なんというかベルティースさんみたいな「ですわ」キャラがもう一人増えるというこの暑苦しさ、すごかった・・・。

131103_07.jpg

■龍造寺 茜
やっと攻略ができたー!やたー!
本編でなんで攻略できないんだー!と思ってましたが、やっとこうやって攻略できて大変に嬉しいです。
茜シナリオ普段は完璧なのに突然のトラブルにあってオロオロする姿を始め、巫女服だったり浴衣だったりパジャマだったり、色んな可愛らしい姿をたくさん見れて幸せでした。
じっくりと描かれた恋愛描写も良かったし、満足満足!


【まとめ】

前作サブヒロインだった3キャラにスポットを当てた本作ですが、この3キャラの新たな可愛らしい一面を見ることができる内容でとても良かったですねー。
それに、前作でちょっと物足りなかった付き合うまでの過程の描写が今回はしっかりと描写されていた点が個人的には大満足でした。
前作ヒロインのアフターシナリオ(主にエッチシーン)に期待していた人にはちょっと物足りない感じではありますけども、サブヒロインにスポットを当てた作品として考えれば十分満足な内容ですね。

アニメ化で盛り上がってる中、タイミングを外さずにドンピシャで続編を出すというのは素晴らしいですね。
本作の内容も個別に分岐するまでのプロローグ部分が丸々収録されているので、本編をプレイした人は思い出すのにはちょうど良いですし、前作未プレイな人がこちらからプレイしても問題ない親切設計なので手を出しやすいんじゃないかと。
とにかく買って良かったと思えた作品でしたね。満足満足。
関連記事

コメント 0