【プレイ感想】 ゆのはな

 03, 2013 14:33
『ゆのはな』

「ゆのはな」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で27時間くらいと結構なボリュームでした。
私の攻略順は、「わかば ⇒ 椿 ⇒ 穂波 ⇒ ゆのは」という順番でプレイ。
ゆのはルートは最後固定ですね。

【グラフィック関連】

原画は 藤原々々さん。
結構前の作品なので今の絵と比べて絵柄は変化しているものの、今も昔もヒロインの可愛らしさは相変わらずですね。
確かしろくまベルスターズ♪以来エロゲで原画やってないですし、そろそろ次回作を期待したいところ・・・!
CGボリュームは今の作品基準で考えるとちょっと物足りない感じでしょうかね。

【音楽関連】

ボーカル曲は2曲、BGMは21曲という内容。
ボーカル曲もBGMも心に響く優しいメロディですごく癒される。とにかく癒されますね。
それこそ一日中聴いていたくなるくらいで、当時プレイしたときもこんなこと思いながらしばらくエンドレスで聴いていましたね。もう大好き。

【演出・システム関連】

この作品の特徴と言えばお賽銭ゲージによる演出ですかね。
バイトでせっかくお金を入手しても問答無用で徴収されてしまうこの悲しさ・・・世の中って厳しい。
あと、全シナリオ見たあとに変わるタイトル画面演出はしんみりしちゃいますね。
こういう演出は他の作品でもありますが、やはり最後までプレイしたからこその演出って大好きです。
システム面は今の作品と比べちゃうとかなり物足りなさがありますがこればかりは仕方ないですね。

【シナリオ関連】

とにかく心温まるシナリオが魅力的な作品ですね。
特に大きな出来事はなくただただ淡々と穏やかなゆのはな町で過ごす平凡な毎日ですけど、この雰囲気といいゆのはな町の人々の温かさといい、すごく癒されるんですよ。
こういう癒やしってイイよね・・・。

【エッチシーン】

エッチシーンは、ゆのは・椿が3回、わかばが2回、穂波が5回の合計14回というボリューム。
この頃の作品だと普通か多いくらいのボリュームでしょうかね。
ヒロインごとに回数差がありますが、回数少なくても内容はかなりエロくて満足感を得られます。
特にほなにーのエロさといったら・・・私も肉体反応実験してもらいたいです。

【ヒロイン】

131103_01.jpg

■伊東 わかば
なんという天使。
ほんわかとした雰囲気にとにかく癒されますね。
わかばシナリオは、徐々に主人公の事を意識していく様子がキュンキュンきて良いですよね。
途中の幾度なく繰り広げる由真による妨害にはちょっとイラッ☆としますけども・・・。

131103_02.jpg

■高尾 椿
世話焼きな姐さん!
こんな姐さんがいる酒屋さんなら足しげく通うのに!
嫉妬して普段見せない可愛さを見せたり、仕事終わりにお酒飲んで弱さを見せたり、椿シナリオは良いシーン多くて好きですね。
あと、エピローグがかなり好きです。

131103_03.jpg

■桂沢 穂波
ほなにーはエロい子!ほなにーはエロい子!
どんどんエロくなっていくほなにーは本当にエロかったです。
なんというかエッチシーンもエロいけど布団の中でイチャイチャシーンがよりエロかった気が・・・。
ほなにーシナリオは初めて涙流すシーンやらマフラーを恋人巻きして雪見るシーンやら美しい部分が多くて大好き。

131103_04.jpg

■ゆのは
この神様、まじ守銭奴。
おまけに意地っ張りで負けず嫌いだったり、人を騙したりセコいことしたり・・・色々と神様ですけど、ちゃんと良い部分もあって憎めない神様でしたねー。
ゆのはシナリオはとにかく感動させられました。イイ子だよゆのは・・・。・゚・(ノД`)・゚・。


【まとめ】

とにかくこの心温まる雰囲気がたまんない作品ですね。
プレイしていると現実に戻るのが嫌になるくらいにはこの雰囲気が心地良いです。
ゆのはな町の人々の温かさに触れながら過ごす淡々とした毎日が、めちゃくちゃ癒されますわー。

数年ぶりにプレイしましたが、やはりこの作品大好き。
是非冬にプレイして欲しい作品ですね。
PULLTOPはまた冬ゲー出してくれないかしら・・・。
関連記事

コメント 0