【プレイ感想】 ひめごとユニオン ~We are in the springtime of life!~

 06, 2013 18:18
ひめごとユニオン ~We are in the springtime of life!~

「ひめごとユニオン ~We are in the springtime of life!~」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で20時間くらいのボリュームでした。
私の攻略順は、「聖 ⇒ 夕輝 ⇒ ヒメリア ⇒ 小春」という順番でプレイ。
個人的なおすすめ攻略順としては、「聖 ⇒ 夕輝 ⇒ 小春 ⇒ ヒメリア」でしょうかね。

【グラフィック関連】

原画はたけやまさみさんと川原誠さんのお二人、SDはいくたたかのんさんという前作と同じ布陣。
前作よりCGのボリュームは少なくなっているものの、塗りはとても綺麗ですし、エッチシーンでの肉感とかたまんなかったですし、グッと来るCGが多くて良かったですねー。
ヒメリアの笑顔CGとか小春がシャツをきゅっと握るCGとか不意打ちキスシーンが個人的に大変お気に入り。

【音楽関連】

ボーカル曲が2曲、BGMが27曲という内容でした。
BGMは心地良い曲揃いでしたし、ボーカル曲はどちらも素晴らしかったですし、満足満足。
NANAさんが歌う疾走感あるOP曲は個人的には「Try on!」と並ぶくらいには好きな曲になりましたし、RitaさんのED曲はエンディングに相応しいグッと来る感動的な一曲でこれまたイイ。
2番の歌詞とかたまらないですね。本当にどちらも素晴らしかった!

【演出・システム関連】

エンディングで流れるアルバムの演出が大変にステキでしたね。
今年プレイした作品の中でも一番グッと来たエンディングでした。ブラボー。
システム的にはほぼ前作と変わりない感じですね。
変わった点はシーンの巻き戻し機能があるくらい・・・かな?
巻き戻し機能は反応がすこぶる良くてかなり快適でした。

【シナリオ関連】

徐々に賑やかになっていき、次々と恋のライバルが現れて慌てふためく小春と夕輝を中心としたドタバタ展開が楽しいのなんの。
恋人になるまでの過程や恋人同士になってからのいちゃラブはしっかりと堪能できましたし、ヒロインがどんどん可愛くなっていく様子には胸がキュンキュンさせられましたし大変満足です。
シナリオのボリュームとしては太陽のプロミアと比較すると少なめに感じますが、シナリオのテンポの良さがとにかくクセになりますね。
読み進めるにつれてこの作品の心地良い雰囲気にどんどんとハマっていってしまい、止め所を見失ってしまうくらい楽しめましたねー。

【エッチシーン】

エッチシーンはヒメリア・小春・聖が3回、夕輝が4回の合計13回という内容でした。
回数はちょいと少ないんですけども、ワンシーンがかなり長いですし、構図もグッと来るエロさでしたし、エロエロな濃厚シーンの連続で満足度はかなりのものでしたね。
「公式のスタッフには書いてないけど、これはきっとJ・さいろー氏が関わっていそうだなぁ」と思いながらプレイしていましたけど、案の定エンドロールに名前がありましたね。そりゃ私好みのエッチシーンなわけだ。

【ヒロイン】

131006_02.jpg

■九帖 聖
女らしさを磨くためにアレコレ頑張ったり徐々に主人公に懐いていく姿にほんわかさせられましたわー。
普段は毅然とした凛々しい態度なのに、不意に見せる乙女らしい一面にキュンとしましたし、男装を止めてから急激に女の子らしさを身につけていく聖は実に可愛かったですねぇ。
それにしても祭やら飛鳥やら聖の周りの人は色々とすごいね、ホントに・・・w

131006_01.jpg

■桐島 夕輝
最初から好意全開の夕輝が可愛い。とにかく可愛い。
すぐテンパったり、小春に負けじと不器用ながらも一生懸命に頑張ってる姿が本当に可愛いのなんの。
夕輝シナリオは徐々に人間らしくなっていく吹雪の成長過程を微笑ましく見守る感じが好きですわー。

131006_03.jpg

■ヒメリア=ラ=トゥリオン=ヒメリエール
目を輝かせて感激したりコロコロ変わる元気いっぱいの表情にはとても癒されるし、ヒメリアの天真爛漫な笑顔にとにかく心奪われましたねー。
とりあえず、私もヒメリアに膝枕してもらってスーハースーハーしたいです!
それにしても本当にこのヒメリアの声は驚くほど合ってますね。
なんというかヒメリアが喋る度にどんどん可愛くなっていく感じがしました。あぁ、ヒメリア可愛い。

131006_04.jpg

■三芳野 小春
ああもう!このジュニア女子可愛すぎる!!
警戒モードからデレモードへ変わってからの好意ド直球でべったりな小春の可愛さと言ったら!大変悶えさせてもらいました。ありがとうございます。
小春シナリオでは、小春がシャツをきゅっと握るシーンとか不意打ち初キスシーンとかCGも含めてめちゃくちゃキュンキュンされられましたねぇ。ホントあのシーン大好き。


【まとめ】

どんどんと可愛くなっていくヒロインが魅力的な、エロくて萌えられる作品でした!
いやぁ、ヒロイン全員が可愛かった。

とにかくこの作品の雰囲気が心地良くて楽しかったですねー。
太陽のプロミアと比較すると全体的にボリュームが落ちた感じではありますけど、読み進める楽しさは前作と変わらずで、存分にこの作品の雰囲気を楽しませてもらいました。満足満足。

あと、この作品のキャスティングが本当に素晴らしかったですね。
ヒロインだけでなくサブも含めて。
ヒメリアについては先ほども書きましたけども、サブではディアーネが見事にハマっていて素晴らしかったですわー。
ファンディスクとかでディアーネルート作られませんかね・・・?チラチラ。
関連記事

コメント 0