【プレイ感想】 星ノ音サンクチュアリ

 07, 2013 18:55
ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』

「星ノ音サンクチュアリ」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で16時間くらいと若干少なめのボリュームでした。
私の攻略順は、「姫翠 ⇒ クリス ⇒ 瀬里奈 ⇒ 夜美 ⇒ 璃杏」という順番でプレイ。
攻略順はシナリオ的に「これ!」というような順番はないので自分の好きな順番でプレイするのが良いと思いますー。
あと、今回は恋マリにあったようなおまけシナリオがないみたいです。残念。

【グラフィック関連】

原画は鳴瀬ひろふみさんの単独。
CGはとにかく飛び抜けて美麗の一言ですね。さすが安心のま~まれぇどクオリティ。ブラボー。
構図もグッと来るものが多かったですし、この塗りのおかげで数倍にも跳ね上がったエロ可愛いCGを堪能できましたし、「この作品を買って良かった!」と十分満足できるくらいの素晴らしさでした。

【音楽関連】

ボーカル曲が5曲、BGMが26曲。
Ceuiさんの歌うこのOP曲、今年プレイしてきたエロゲの中でも個人的に飛び抜けて好きな一曲ですね。
疾走感、心揺さぶられる歌詞、メロディ、歌声、全てがたまらないの一言。
ED曲やBGMの方も良い曲揃い。solfaの楽曲は毎回私好みな曲が盛りだくさんで嬉しいですわー。

【演出・システム関連】

システム面では、前作の恋マリで感じた不満点が改善されていましたし、個人的にはなんの不満もなくプレイできましたね。
演出の方は、相変わらずエッチシーンでちょくちょく入る妙な演出が斜め上に気合いが入ってましたねw
豊富なキャラの表情や立ち絵パターンはなんとも可愛らしいものが多かったですし、会話中にコロコロと変わっていくのは見ていて飽きなくて良かったです。

【シナリオ関連】

シナリオは良くも悪くもいつものま~まれぇどらしい内容だったといった感じでしたね。
ただひたすらいちゃラブ尽くしな個別ルートは「とにかくヒロインに萌えて、エロを楽しめ!」という感じのお手軽に萌えエロを楽しめる内容で大満足。
共通はバトルメイン、個別はいちゃラブメインと割り切った構成は悪くはなかったんですが、共通ルートがこれだけ面白かっただけに個別シナリオでも作品の設定をもう少し活かした展開だとなお良かったところですねー。
せっかくの設定を活かしきれていないシナリオが勿体ないなぁ~とひしひしと感じながらプレイしてました。

【エッチシーン】

エッチシーンは姫翠と璃杏が6回、瀬里奈と夜美が5回、サブキャラが2回の合計24回という十分なボリューム。
いやぁ、今回も相変わらずの抜けるエロさでしたね。
ヒロインはエロ可愛かったですし、美麗なCGと構図、興奮するシチュエーション、1シーンの尺の長さ・・・とどこを見ても大満足なレベル。
大変お世話になりました、ありがとうございます。大満足。

【ヒロイン】

130907_03.jpg

■神領寺 姫翠
姫翠のポニテ姿がくっそ可愛かったぞー。
姫翠シナリオはデレるまでもう少し時間を置いて欲しかったところですが、嫉妬心を露わにしてる姿が微笑ましかったですねー。
エッチシーンではS的な感じをもっとこう全面的に出して欲しかったですが・・・でも足コキを始めとしたエッチシーン全部最高でした。ありがとうございます。

130907_04.jpg

■クリス・クロフォード
まさか響さんを差し置いて、クリスのルートがあるとは思ってもいませんでしたよ・・・。
なんか書くと盛大なネタバレになりかねないのでこれくらいで。

130907_05.jpg

■瀬里奈・マルグリッド・オクタヴィアス
「こんなの当たり前だけどもちろん知ってるよね?」
⇒ 「も、もちろんですわ!」
⇒ ニヤリ
という感じでまんまと主人公の術中にはまってエロエロになっていくマルちゃんがチョロい。チョロ可愛い。
マルちゃんシナリオは乙女なマルちゃんの行動が可愛らしくて楽しかったですねー。

130907_07.jpg

■小松原 夜美
夜美ちゃんがくっそ可愛い。猛烈に可愛すぎでした。
毒舌を吐いた後に自己嫌悪でへコんでる姿を始め、この作品で一番表情や動きがコロコロ変わるので見ていて飽きないし、頬が緩んで緩んで仕方なかったですね。あぁ、癒される。
あと、夜美の腋がエロかったです。あの腋最高。

130907_06.jpg

■葛城 璃杏
これでもかというほどのお兄ちゃん大好きっ子で、度が過ぎたセクハラまがいのスキンシップは素晴らしかったですね。
好きという気持ちが溢れてしまった故のエッチシーンはそれはもうエロさ爆発でたまらなかったですし、車の人の甘く蕩ける声との相性も抜群でしたし、妹好きとしてはたまらない妹キャラでしたわー。
それ故に、璃杏シナリオの出来が残念で仕方なかったですね・・・。
なんと言いますか、その展開はないよ・・・という微妙さでしたね。


【まとめ】

体験版が予想以上に面白く、「シナリオさえよければ文句付けるところ無いのに・・・」という感じが続いていたま~まれぇど作品もついに来たー?と期待していましたが、蓋を開けてみればいつものま~まれぇどらしい「抜けるキャラ萌えゲー」という作品でしたねー。

とはいえ、シナリオの面白さは作品を重ねるごとに面白くなってる感じですし、その他の要素に関しては相変わらずのハイクオリティな出来で大満足でしたし、「とにかくヒロインに萌えて、エロを楽しめ!」という感じのお手軽に萌えエロを楽しめる作品で満足でした!

ま~まれぇどさん、次回作も期待していまっす!
関連記事

コメント 0