【プレイ感想】 なつくもゆるる

 03, 2013 09:53
すみっこソフト『なつくもゆるる』応援中!

「なつくもゆるる」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で20時間くらいというボリューム。
攻略順は決まっていて、「BAD ⇒ 姫佳 ⇒ りね ⇒ ユウリ ⇒ 紫穂」という順番でクリアしていくごとにルートが解放されていく仕様の一本道です。

【グラフィック関連】

原画は今回は笹井さじさんの単独原画。
さすがに単独原画ということで前作感じたような違和感はなく良かったですし、このロリ寄りなヒロイン達がとてもキュートでみんな可愛かったですね。
ただ、CGのボリュームが相変わらず物足りなさを感じましたねー。

【音楽関連】

中恵光城さんが歌うOPとED曲がとにかく素敵な曲でどちらもお気に入り。
あと、このOP曲に乗せた味があるOPムービーもついつい魅入ってしまう良い出来で好きですねー。

【演出・システム関連】

セリフ中にコロコロと変わるキャラの表情と立ち絵の表現が豊かで、とても楽しくてプレイできて良かったですね。
システム面は基本的には前作と同じで欲しい機能は揃ってましたし、特に不満はなし。
慣れれば問題なかったですけど、会話ウインドウの背景がないので慣れるまでは文字が若干見づらいのは相変わらず。

【シナリオ関連】

先ほども書いた通りの一本道のシナリオですが、今作もとにかく読ませてくれるシナリオで面白かったですね。
読むにつれてなつくるの世界にグイグイ引き込まれていく展開は、前作同様にとにかく楽しめませていただきました。
世界観や設定は暗く重たい雰囲気を漂わせているものの、ヒロインの明るさや楽しい日常シーンなどで気分は沈んでいかずに楽しめて良かったですね。

【エッチシーン】

エッチシーン数は回想シーンで数えると紫穂が8回、姫佳・りね・ユウリが6回、零佳が1回の合計27回ですが、分割されて登録されているので実際は半分くらいの回数かな。
前作の「こいつはひでぇ!(良い意味で)」というような狂気を感じるぶっ飛んだ内容はないものの、それでもちょっとマニアックなシーンなどあってエロく楽しめる内容でしたし、ロリ好きなら満足できる内容かと。

【ヒロイン】

130803_01.jpg

■当麻 姫佳
今作のお漏らしキャラ。とにかくお漏らし。
可愛い部分とか色々あったと思うんですが、お漏らしの印象が強くてそれしか残らなかったよ・・・w
「一緒にイきながらお漏らししてください」は素晴らしい迷言でしたね。

130803_02.jpg

■水名 りね
ロリ巨乳万歳!
スク水を着て、下だけジャージとか新しい姿ですね。
りねシナリオは赤裸々にオナニーの詳細を話したり、告白に至までの勢いあるシーンだったり、楽しかったですねw

130803_03.jpg

■ユウリ
今作のアナル担当さん。
エロい、そして可愛いヒロインでしたね。
みるボイスでのアナル連続発言、ごちそうさまでした。

130803_04.jpg

■狭霧 紫穂
コロコロ変わる表情が豊富で、見ていて非常に楽しいヒロインでしたね。
なんで犬化するのかよく分かりませんけど、とにかく紫穂の「わんわん」がくっそ可愛かったです。
有栖川みや美さん、最高です。


【まとめ】

今作も引き込まれるシナリオで大変楽しませてくれた作品でしたねー。
個人的には前作のはるくるみたいに度肝を抜かされた・・・とまではいかないものの、前作とは違った魅力があり、期待を裏切らない出来で満足な作品でした。
世界観やらグイッと引き込んでくれる展開やらお見事でした。

春・夏に続く秋?作品も楽しみにしてまっす!
関連記事

コメント 0