【プレイ感想】 君と彼女と彼女の恋。

 20, 2013 20:21
『君と彼女と彼女の恋。』

「君と彼女と彼女の恋。」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で14時間くらいというボリュームでした。
短いプレイ時間ながらこの作品が与えてくれたインパクトは凄まじく、プレイ時間以上の満足感が得られましたね。
この作品はちょっと特殊なんですが、攻略順はあってないようなものでしょうか。
攻略ヒロインは2人のはずなのに、この作品はどっちのヒロインを攻略しようかとにかく選択肢で悩みますね・・・。
それにしてもこれ、攻略がかなり鬼畜仕様ですね。
10の質問のところとか、プレイする度に答えが変わっていたのでかなり苦労しました。

【グラフィック関連】

CG彩色がとても個性的でしたね。
TVアニメの放浪息子のような味のある背景には思わず「おぉ・・・」と声が出てしまうくらい美しかったですし、この作品にとても合っていて良かったです。
CGボリュームとしては少なめですが、フルプライス作品ではないですし妥当なところでしょうか。

【音楽関連】

ボーカルは4曲、BGMは27曲と十分なボリューム。
BGMはピアノ主体の静かな曲が中心なんですが、作品の雰囲気ととてもよく合っている曲揃いで臨場感たっぷりでしたね。
とても良かったです。

【演出・システム関連】

さすがのニトロプラスというべきか、予想の斜め上をいくデータ改変演出には本当に度肝を抜かれましたね。
こんな演出のエロゲ、これまでに色んなエロゲをプレイしてますが私は初めての経験でした。
途中でプレイを中断して良いのか悪いのかも分からず、ただただビクビクしながらプレイしていましたね。
いやぁ本当に凄かった。
ただ、ラスト付近での怒濤の1択選択肢連続はちょっとやめて欲しかったですね・・・。

【シナリオ関連】

作品のテーマは「純愛」とのことですが、まさに純愛ストーリーという名に相応しいシナリオでした。
「どちらのヒロインを選ぶか?」ということを徹底した二者択一のストーリー構成は大胆であり、周回する度に引き込まれていく魅力があって、本当に楽しませてもらいましたね。
いやぁ、最後の2択とか選択肢でここまで悩むとは思わなかったですわ・・・。
あと、パッケージの中にまでシナリオの展開に関係するものを仕込ませてある仕組みが素晴らしかったですね。

【エッチシーン】

美雪が4回、アオイが4回の合計8回とヒロインが2人のせいか少なめ。
アオイのエッチシーンの一部は寝取られ的な感じなのでそういうものが嫌いな人はちょっと辛いかもしれません。
印象に残ってるエッチシーンは、美雪の強制エッチシーンでしょうか。

【ヒロイン】

130720_03.jpg

■曽根 美雪
幼馴染みであり、ツンデレであり、そしてヤンデレな彼女。
美雪怖かったです・・・ガクガク。
でも一途に主人公の事を思っている姿は非常にグッと来ましたね。
あと、猫で悶えてる美雪が超かわゆす。

130720_04.jpg

■向日 アオイ
電波少女なアオイですが、「はい」と手を挙げる姿とか「~なの」というセリフがくっそ可愛くて悶えに悶えました。
アオイシナリオはラストがとても良かったですね~。
アオイは個人的にかなり大満足な音ちんキャラでした。


【まとめ】

久々のニトロプラスのエロゲですが、やはりニトロプラスの作品は一癖も二癖もある個性的な作品でたまんないですね。
普通の純愛ゲーとは違って「どちらのヒロインを選ぶか?」ということを徹底した二者択一のストーリー構成は大胆であり、周回する度に引き込まれていく魅力があって、本当に楽しませてもらいました。
メディアがUSBメモリーだったことといい、それを上手く使った内容といい、予想の斜め上をいく改変演出といい、とにかく色んな意味で驚きを与えてくれた作品でしたね。
買って大変満足!
関連記事

コメント 0