【プレイ感想】 カタハネ

 27, 2013 16:48
『カタハネ』応援バナー。

「カタハネ」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で24時間くらいと結構なボリュームでした。
私の攻略順は、「ワカバ ⇒ アンジェリナ ⇒ ココ」という順番でプレイ。
ココルートは最後固定ですね。
個人的には私のプレイした順番で攻略するのがいいかなぁと思います。

【グラフィック関連】

原画は笛さん!
うん、やっぱり笛さんの描くキャラは可愛くて可愛くて大変萌えますわー。
今プレイしてもCGは綺麗を思いますし、ボリュームも十分ですし、特に文句ないですね。
それにしても、CGの一つ一つにタイトルが付いてる作品はほとんど見かけないので新鮮ですよね。

【音楽関連】

音楽はとにかく素晴らしいの一言ですね。
ボーカル曲もBGMも作品の雰囲気によく合った良曲揃いでプレイしていて大変心地良かったです。
カタハネのBGMは作業用BGMとして今でも良く聴いているくらいにお気に入りです。
ボーカル曲はどれも好きなんですが、観月あんみさんが歌うED曲の「Memories are here」が特にお気に入りですね。
切なくて切なくて胸打たれる歌詞とメロディは、何度聴いても涙が出てしまうくらいに感動できて素敵ですわ。

【演出・システム関連】

ウインドウサイズは800×600なのにCGサイズは16:9というプレイ画面が特徴ですね。
CGサイズがちっちゃくなってしまってますが、映画を見てるかのような雰囲気を感じられるので好印象。
システム周りはシンプルで最低限の機能を備えているって感じですが、プレイにおいてはそれほど不満は無いですね。
唯一挙げるとするならば、スキップがキャラ視点変更で切り替わる度に止まってしまうことくらい。

【シナリオ関連】

シナリオは、現代のシロハネ編と過去のクロハネ編という2つの物語からなる群像劇で、シロハネ編⇒クロハネ編⇒シロハネ編と物語が進行します。
様々なキャラ視点で描かれる群像劇という表現方法が実にしっくりと来ていて、この作品の世界観や雰囲気にどっぷりと浸らせてくれるシナリオはただただ楽しくて仕方なかったです。
次の展開が早く読みたくて仕方なくなってしまう引き込まれる展開といい、シロハネ編とクロハネ編のギャップといい、最初から最後まで飽きずに楽しめて良かったですね。
特にココシナリオが心温まる感動的なお話で大好き。
現代編と過去編でのとある人物の印象の食い違いがどうして起こったのかが判明する部分からの展開には、止めどない涙に襲われて画面が見えなくて大変でした。

【エッチシーン】

エッチシーンは、ワカバが2回、アンジェリナ×ベルが3回、クリスティナ×エファが3回、シルヴィアが1回の合計9回と回数的には少なめです。
しかも百合シーンが6回と大半が百合シーンと百合ゲーらしい比率です。
女の子同士のいちゃいちゃが好きな人は堪能できる内容だとは思いますが、普通のエッチシーンを求めてる人にはかなり物足りないはず。

【ヒロイン】

130427_01.jpg

■ワカバ・フォーレ
セロへの想いを素直に出せないところや、ライトの前でお姉さんぶる姿が実に可愛い元気娘。
ワカバルートの終わり方がすごく良い。
姉と弟をふーりんが一人二役こなすというのは実に素晴らしいですね。耳が幸せすぎる。

130427_02.jpg
130427_03.jpg

■アンジェリナ・ロッカ&ベル
シロハネ編の百合カップル。
徐々に縮まっていく距離感やいちゃいちゃし出してからの初々しい感じがたまんないですね。
もうニヤニヤが止まらない。

130427_04.jpg
130427_05.jpg

■クリスティナ・ドルン&エファ
こちらはクロハネ編の百合カップル。
エファがこの作品では一番好きなキャラですね。
それにしても、調律と称してエッチなことをしたり、国の一大事にエファといちゃいちゃするとか、この国の姫様はなんてエロいんでしょう。

130427_06.jpg

■ココ
とにかく愛らしすぎる仕草や話し方には、これでもかというほど癒されました。
ヒロインではないですが、どのヒロインよりも存在感があるキャラですね。
先ほども書いた通り、ココシナリオにはこれでもかと言うほど感動させられました。大好き。


【まとめ】

いやぁ、やっぱりカタハネはイイですわ!
絵良し、シナリオ良し、キャラ良し、キャスティング良し、世界観良し、音楽良し、エッチシーンは薄いけど百合百合しさが楽しめるので良し・・・と、個人的にほぼ文句の付けようのない素敵な作品でしたね。
全てのシナリオをクリアしてから、「一つの物語は終わりを告げ、過去から未来へ」「 全ての物語は“ココ”から始まる」というOPで使われるフレーズを見ると心がじ~んとしますわ。

「群像劇のエロゲがプレイしたいなら、とりあえずコレやっとけばいい」と胸を張って言えるくらいには、カタハネは個人的にオススメできる素敵な作品です。
今後も定期的にプレイしたい作品しようっと。
関連記事

コメント 0