【プレイ感想】 この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY

 04, 2013 00:44
『この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY』世界はひろがっていく―― 時雨佳奈子Ver

「この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で11時間半くらいと、ちょっと少なめのボリュームでしたね。
私の攻略順は、「アフター(姫城姉妹 ⇒ 風戸姉妹) ⇒ if(ほたる ⇒ 佳奈子) ⇒ ノベル ⇒ ソアリング部ビフォア ⇒ ソアリング部アフター」という順番でプレイしました。
おすすめプレイ順としては、「ソアリング部ビフォア ⇒ ソアリング部アフター」 と最後にプレイすると気持ちよく終えることができるのでオススメですね。

【グラフィック関連】

ここは本編で書いた感想とそう変わらないので割愛です。
本編の感想はこちら

【音楽関連】

ファンディスクのテーマ曲担当はDucaさん。
シモツキンと茶太さんの歌声がハマりすぎていて、他の歌手さんの入り込む余地はないかな~と思っていたんですが、Ducaさんの歌声もこの作品に合っていて良いですね。
疾走感のある曲も聴いていて大変心地良いですし、このOP曲も好きですわ。
早くフルVerが欲しいところですが、いつ手に入れられることやら・・・。
BGMに関しては、本編で書いた感想と同じです。

【演出・システム関連】

新しく追加されたレジューム機能はロードする手間が省けて個人的には嬉しい機能追加でしたね。
システムは特に不満はないんですが、ころげて本編からシステムが変わっているようで、私の環境(Windows7+64bit)だとソフト起動中はAero機能が強制OFFさせられてしまうのが気になりましたね。
私の環境だけの問題なのかな・・・。
でもまぁ、エロゲプレイ中はほぼエロゲしかやってないので別にAero機能がOFFになろうと問題ないと言えばないんですけど。

【シナリオ関連】

ファンディスクのコンテンツは大きく分けて、「ソアリング部のビフォア&アフターストーリー」「ついに攻略可能になった佳奈子とほたるのifストーリー」「姫城&風戸姉妹との素敵3Pエッチが描かれたアフターストーリー」「小鳥視点で語られるノベル」の4つですかね。

ころげてらしさを感じる熱くホロリと来る展開は健在で大変楽しめましたね。
特に、「ソアリング部アフター」は、「あの青春再び!」って感じのころげてらしい青春まっしぐらの熱い展開はたまらなかったです。
「購入して良かったなぁ~」と感じられるシナリオでしたね。
ただ、全体的にボリュームがなかったこと、いちゃラブ成分もそこまでなかったことが物足りなさを感じました。

それにしても、「ソアリング部ビフォア」のイスカとあんちゃんが初々しすぎて可愛かったですね・・・w
あのカッコイイあんちゃんはどこへいってしまったんだ・・・。

【エッチシーン】

エッチシーンは、小鳥・天音・佳奈子・ほたるが2回ずつ、姫城姉妹・風戸姉妹との3Pシーンが1回ずつの合計10回でした。
いやぁ、姫城姉妹と風戸姉妹の3Pは個人的に待ち望んでいた展開だっただけに、大変嬉しかったですね。
熱くたぎりました。
それ故に、3Pシーンはもっとあっても良かったんじゃないかと!
すぐに終わってしまって個人的にはちょっと物足りなさを感じたので、もう少し回数が欲しかったところですね。

【ヒロイン】

ヒロインに関しては、ファンディスクで昇格したほたると佳奈子に関して書きます。
他ヒロインは、本編の感想で。

130203_01.jpg

■姫城ほたる
「ほたるはあんなに可愛いのに、なんで攻略対象じゃないんだっ!」と本編で攻略できなくて嘆いていましたが、ファンディスクでついに念願が叶って大変嬉しいですね。
ほたるの可愛さとほたるが成長していく姿を見られるシナリオで、短いながらも楽しめましたね。
やっぱりほたるは可愛いなぁ~。
ただ、ちょっといちゃラブ成分が足らなかったのが個人的には残念な点ですね。
もっとほたるとの甘いひとときを・・・。

130203_02.jpg

■佳奈子
「佳奈子さんはこんなにもエロ可愛いのに、なんで攻略対象じゃないんだっ!」と本編で攻略できなくて嘆いt(以下略
佳奈子さんシナリオは、待ち望んでいた甲斐があった内容で個人的には大変満足。
実は恥ずかしがり屋な佳奈子さんが恥じらってる姿は燃え上がりますわ。
それにしても、手ブラをしてる立ち絵とか初めて見ましたよw
いやぁ、色んな意味でありがとうございました。
佳奈子さんはエロい。佳奈子さんはエロい。


【まとめ】

なんといっても、念願のPULLTOP初のファンディスク!!
PULLTOP新体制になってファンディスクが作られるようになって、ユーザーとしてはこんなに嬉しい事は無いですね。
「果たしてPULLTOPが作るファンディスクはどんなものだろうか・・・」とプレイするのが楽しみでした。

蓋を開けてみれば、ユーザーの求めてる要素をしっかりと組み込んだ魅力あるファンディスクだったなぁ~という感じで好印象でしたね。
また、「あの青春再び!」という感じで、ころげてらしい青春まっしぐらの熱く感動できる雰囲気も健在で大変良かったです。
全体的なボリュームの少なさや所々で見られる粗など、まだまだ改善するべき部分はありますが、
「PULLTOPファンが待ち望んでいたであろうファンディスクが作られた」
この事実だけで大変喜ばしく、個人的には満足なファンディスクでした。
ありがとう、PULLTOP!

この調子で是非、恋神のファンディスクも・・・。
関連記事

コメント 0