[プレイ感想] イモウトノカタチ

 17, 2012 00:17
あやか_720x120

「イモウトノカタチ」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間と攻略順】

プレイ時間は私のプレイ速度で25時間くらいと、そこそこあるボリュームでしたね。
私の攻略順は、「千毬 ⇒ あやか ⇒ 美優樹 ⇒ ミータ&真結希」という順番でプレイしました。
ミータ&真結希ルートはロックがかかっているので最後固定です。

【グラフィック関連】

今回は、橋本タカシさん、武藤此史さん、こだまさわさんのお三方がメイン原画ですが、特に違和感を感じることなくプレイできました。
絵は可愛いし、綺麗でしたし、とても良かったですね~。

【音楽関連】

OP・ED曲担当は、CUFFS系列作品でお馴染みのDucaさん!
今回も素敵な曲で大変良かったですね~。
CUFFS作品のDucaソングはホントいつも素敵な曲で素晴らしいです。

【演出・システム関連】

CUFFS系列の作品と同じシステムなのでここに関しては特にないです。
いつも思うんですが、このCGモードはサクサク動いて使いやすいのでかなり好きなんですよね。
CGを拡大できるのも個人的にすごく嬉しい。

【シナリオ関連】

正直言って微妙でした。
シナリオ重視かと思いきやそうでもなく、かといってキャラ重視でもないどっちつかずの中途半端な内容でしたし、それに加えていちゃラブ成分も少なめで思う存分萌えられなかったのが残念でした。
それに、伏線が色々とあったので終盤で一気に回収するのかな?と思いきや、全く回収せずにバッサリと終了する始末。
各シナリオとも「えっ!?ここで終わるのっ!?」と思ってしまうくらい中途半端なところで終わってしまったので、モヤモヤしたものがずっと残るすっきりしない内容であんまり楽しめなかったですね。
あと、主人公が自分に合わなかったのも楽しめなかった原因の一つかな。
最初のうちはそれほどでもなかったんですが、だんだんと主人公の行動が不快になっていって、超久々に途中で投げだそうかと思ったくらいでした。

【エッチシーン】

全部で15シーンあるんですが、美優樹が一番多くてミータが一番少ないです。
私みたいなミータ目的だった人には残念な内容でしたね。
真結希よりも少ないだなんて・・・一体どういうことですか・・・orz
ただ、3Pはなかなかに良かったですね。あの3Pは実に俺得な内容でした。

【ヒロイン】

120916_01.jpg

■千毬
姫川あいりさんの声ともよく合っていて可愛かった・・・のですが、その可愛さ以上にウザさがとんでもなかった。
いやぁ、久々にウザ可愛い妹という言葉が似合うヒロインが来ましたね。
あまりのウザさに、千毬ルートよりも他のルートの千毬の方が可愛いと思ってしまう現象が・・・。

120916_02.jpg

■あやか
あやか可愛い。
予想していた以上に可愛いなぁ~と思えたヒロインでしたね。
一番表情が動くキャラでしたし、プレイしていて楽しかったです。
シナリオはこの作品唯一と言えるくらいちゃんとした恋愛過程が描かれていたし、ラストを除けばこの作品で一番楽しめた内容でしたね。

120916_03.jpg

■美優樹
主人公に翻弄されてあたふたする美優樹が実に可愛くてイイですね。
CVの卯衣さんは個人的に大変好きな声なので、可愛さも倍々ですよ。
いつもはサブだったり、男キャラだったり、ヒロインだったときでも凛々しい感じのヒロインだったり・・・と可愛い系の王道的なヒロイン役がほとんどなかっただけに、やっと可愛い役がきた!って感じで大変嬉しいなぁ~。
唯一残念だったのはシナリオくらいなもんでしょうかね。

120916_04.jpg

■ミータ
フフリ。
杏子御津さんのノリノリな演技に加え、あやかとの掛け合いが実に面白かったですねー。
杏子御津さんのこういうキャラもイイですね。
それにしても先ほども書きましたが、ミータのエッチシーン少なすぎですよっ!
あと、ルートも真結希と一緒という扱いに悲しすぎでした。
ミータと真結希はそれぞれ別々のルートで楽しみたかったですorz

120916_05.jpg

■真結希
最後の最後に出てきて全てを持っていった感じですね。あざとい・・・でも可愛い。
「Sphere×実妹×CV:夏野こおり」ということで、ヨスガの穹を思い出さずにはいられないですね。
穹の可愛さまでには及びませんでしたが、なかなかに健気で可愛い兄好きの妹でしたねー。
ただ、シナリオが残念だったのが惜しいですね・・・。
内容が違ったら、さらに可愛さが上がっただろうに・・・残念。


【まとめ】

妹を題材とした作品ということで期待度としてはかなり高めだったんですが・・・一言で言うと、「微妙」という作品でした。

何が微妙だったかというと、シナリオですね。
シナリオ重視かと思いきやそうでもなく、かといってキャラ重視でもないどっちつかずの中途半端な内容で、バッサリと終了してしまうシナリオにはモヤモヤしたものがずっと残ってあんまり楽しめなかったですね。
あと、いちゃラブ成分も少なめで思う存分萌えられなかったのも残念でしたね。

絵は素晴らしいし、せっかく可愛いヒロインが揃っていただけに、この可愛さを生かしきれていない感じが非常に惜しいなぁと思える作品でした。
あぁ、もっと萌えたかったよっ!

あ、余談ですが、モブキャラの声で桐谷華さんが出演されてますね。
関連記事

コメント 0