[プレイ感想] いろとりどりのヒカリ

 03, 2012 00:05
いろとりどりのヒカリ 応援中!!

「いろとりどりのヒカリ」 フルコンプしましたっ!

以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もあります。
 感想を見る際にはご注意ください。



【プレイ時間】

プレイ時間は私のプレイ速度で29時間強と、ファンディスクとしてはとんでもないボリュームでしたね。
「これ本当にフォンディスクかっ!?」って思えるくらい、ホントこのボリュームは凄すぎですね。大満足。

【グラフィック関連】

本編同様に作品の雰囲気に合っている独特なCGが、大変綺麗で魅力的でしたね。
そして、着せ替えさせられまくりな真紅がとにかく可愛いのなんの。
いやぁ、あまりの可愛さに悶絶しまくりでした。
着せ替えCGの数々は本当にGJと言わざるを得ないです。
それと、ヒロイン達の笑顔がすごく印象的な一枚絵がいくつもあったんですけど、見てるこちらとしても思わず笑顔になってしまう良い絵でしたね~。

【音楽関連】

音楽は今回もとにかく最高でしたね。文句なんて付けようのない素晴らしさ。大好きだーーー!
ボーカル曲は3曲あるんですが、どれもめちゃくちゃイイ曲ですわー。
特に歌詞が秀逸ですね。永遠のヒカリとか泣けますわ・・・。
「COLORFUL DAYS!!」は、星メモEHの「宙のヒカリ」を彷彿とさせる非常に明るい曲で、一発でお気に入りの一曲になりました。
Ceuiさんの曲の中でも一番好きな曲になったかも。
追加されたBGMは感動レベルを上げてくれる鳥肌モノの素敵な曲揃いで、BGMだけで泣けるくらいでしたし、ボーカル曲は今回も素晴らしい曲揃いで本当に満足。
今週発売のいろヒカのボーカル曲とBGMが収録された「いろとりどりのヒカリ Theme Songs Plus」の発売がホント楽しみすぎだなぁ。

【演出・システム関連】

システム的には前作と変わりないのですが、もともと完成度の高い設定周りなので不満は全然無いですね。
FVPシステムは本当素晴らしいシステムでイイですね。

【シナリオ関連】

これでもかという程、たくさんニヤニヤして、たくさん泣いて、たくさん感動しましたね。
たくさんの優しさに満ち溢れたストーリーには、ぎゅっと胸を締め付けられ、何度も何度も感動が押し寄せてきてボロボロ涙を流してました。
特に最後の真紅シナリオなんて、涙が止めどなく流れまくって前が見えなくてプレイに支障が・・・。
あと、どのシナリオも、ファンディスクでよくあるちょっとしたお話とイチャイチャを堪能してエッチして終わり!っていうのではなく、本編の個別ルート匹敵するくらいのボリュームたっぷりで泣けるくらい感動するしっかりとした後日談が展開されていたのが良かったですね。
いやぁ、心温まる感動的なシナリオでした。大満足。

【エッチシーン】

エッチシーンは藍が1回、他の各ヒロインが2回と普通くらいかな。
いろセカでは真紅とのエッチシーンが1回だけだったので、ファンディスクではたくさんあるかなぁ~と期待していたんですが、他ヒロインと同じ数と、ちょっと物足りない感じでしたね。
ただ、真紅のお漏らしシーンにはガッツポーズをせずにはいられないですわ。GJ(・ω・)b
藍ちゃんとのエッチシーンもあって良かったんですが、なんかアレですよね。犯罪的な匂いが・・・w

【ヒロイン】

120902_02.jpg

いろヒカの真紅は色んな衣装にチェンジしていたせいか余計に可愛かったですね。
真紅の花嫁修業では可愛さ爆発していて、もう悶絶しまくりでしたよ。
あぁ真紅可愛いなぁ、もうっ!

120902_01.jpg

いろセカでは、隠しキャラであんまり出番のなかった藍ちゃんですが、今回はヒロイン昇格もしたことで出番がかなりアップですよ!
おっちょこちょいなお転婆娘って感じが可愛くて良いですね。
藍ちゃんのうさぎさんパンツが可愛かった(*ノωノ)
真紅と藍ちゃんのやりとりみてると、真紅がすごく大人に見えるなぁ・・・w
悠馬・真紅。藍の3人が一緒だった時のお話が読めて嬉しかったですね。

他のヒロインについては、本編で書いたしそちらを・・・。


【まとめ】

もう、最っっっっっっっっっ高だったよ!!!
これでもかという程、たくさんニヤニヤして、たくさん泣いて、たくさん感動しました。
たくさんの優しさに満ち溢れたストーリーには、ぎゅっと胸を締め付けられ、何度も何度も感動が押し寄せてきてボロボロ涙流してました。
今年一番泣きながらプレイした作品でしたね。

それにしても、これはもうファンディスクというよりは続編ですよね。
「星メモEHみたいな素敵なファンディスクを作ってくれるはず!」と期待していたんですが、その期待を何倍も上回る出来栄えで、もう文句なんて出ないくらいの大満足ですよ。
これ以上のファンディスクはないって感じで、もう個人的には満足度がヤバいですね。
これは星メモEHを超えたかも。

あと、いろセカは雑誌のスタッフインタビューでも言われていた通り、見事な真紅ゲーでしたね。
いろセカをプレイした時点で真紅はたまらなく好きだったんですが、もっともっと真紅が好きになりましたよ。
あぁ、ホント真紅が愛おしすぎる。

とにかく、とんでもないファンディスクでした。
あぁ、待っていて良かった。買って良かった。ありがとう!フェイバリット、ありがとう!
関連記事

コメント 0