「WHITE ALBUM2」 感想

 25, 2012 03:33
WHITE ALBUM2 -closing chapter-|Leaf

「WHITE ALBUM2」 フルコンプしましたっ!


以下感想です。
セット版を購入したので、「introductory chapter」と「closing chapter」の2本まとめての感想になります。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もありますので、感想を見る際にはご注意ください。


圧倒的・・・まさに怪物レベルの作品でした。
フルコンプをした後に訪れたこれほどまでの凄まじい脱力感、久々に味わいましたね。
このもどかしくて切ない泥沼の恋愛劇に、これでもかと言うほど心を掻き乱され、泣いて、そして感動しまくりました。

ルートは多岐に渡るのでざっくりとした感じですが、攻略順は「ic → cc(ノーマルEND → 麻理 → 千晶 → 小春) → ic(2回目) → 雪菜(cc) → coda(雪菜 → かずさ)」という感じでやりました。
プレイ時間はicが12時間、ccが60時間の合計で72時間くらいという圧倒的なボリューム。
まさかここまでボリュームがあるとは思ってもいませんでした。
ただ、プレイしている最中は時間を忘れてしまうほど没頭してしまう魅力があり、気づいたらこんなにやっていたのかと経過していた時間にビックリするほど引き込まれる魅力がありましたね。
エロゲをやっているというよりは、まるで上質なドラマを見てるっていう感じで、ボイスを飛ばすのが本当に勿体ないと感じられるほどで。
シナリオはもちろん、サウンドも絵も演出も、ホントどれ1つとっても文句の付けようのないくらい圧倒的という言葉が相応しい素晴らしさでしたね。

追いかけたら離れ、離れたら追いかけられ、やっと近づいたと思ったら容赦ない新たな一撃が打ちこまれる。
ものすごい勢いでズタボロにされ、その傷が癒えないうちにさらに追い打ちをどんどんかけられる容赦ない展開の連続に、何度「ここでこう来るのかよっ!」「もうやめてっ!自分も春希もHPはゼロだよ!」と心の中で叫んだことか・・・。
体力的にも精神的にもそれはもうガッツリとやられましたね。
そんな状況で触れる、春希の周りの友人達の暖かさがより一層心に来て、たまらなかったですね。
あと、ccから登場した小春・麻理・千晶の3人は作品の立場的にはサブヒロインと言えるんですけど、どのシナリオも妥協のない出来栄えで大変満足しましたし、丸戸さんには脱帽するしかありませんね。
いやぁ、ホント評判通りのすんごい作品で、これほどの作品はそう出会えないといえる素晴らしさだったですよっ!
たまらないくらい最高でした。


以下、ヒロイン別の感想です。

120225_01.jpg

■麻理
麻理さんは意外と子供らしいところが随所に見られて可愛いですなw
麻理さんルートのお話はどんどん春希に依存していく、会社での仕事のできる上司っぷりとのギャップがたまらないですね。
バッティングしてる麻理さんの姿がなんだか妙にエロかった。

120225_02.jpg

■千晶
千晶は包み込んでくれる包容力あって、最後の最後まで千晶はイイ娘だったなぁ・・・。
と思っていた時期がありました。
いやぁ、まんまと騙されましたよっ!
千晶ルート1週目は「あれ?」と思ってしまう肩すかしな感じだったんですけど、本番は2週目だったとは。
いやぁ、この展開にはしてやられました。
まさかこう来るとは・・・ホント心が痛い。

120225_03.jpg

■小春
何事も全力の直球の小春希っぷりを発揮する小春ちゃんがホント可愛いかったですわー。
やーもうホント可愛い。小春ちゃん大好き。
この作品唯一の癒される天使でした。
小春ルートは他のルートとはちょっと違って雪菜が関わってくる度合いが低いのでその点でも比較的心穏やかにプレイできたシナリオでしたねw
だけど、終盤の雪菜との喫茶店シーンは胸に来ましたね。
あれは卑怯ですって・・・。

120225_04.jpg

■雪菜
雪菜はめんどくさい子だけど、こんなに一途に想ってくれる良い子なのに、なんで春希はここまで裏切るんだよっ!と何度思ったことか・・・。
雪菜ルートは、これまで他のルートで春希による裏切りに次ぐ裏切りを体験していた分、雪菜ルートでの幸せ溢れる雪菜の姿には「本当に良かったね」と涙が止まらなかったですね。
3年分が詰まった雪菜との初エッチシーンには異様に感動しました。
そして、codaのエンディングは最高に感動しましたねー。
この作品で一番このエンディングが大好き。
あれは涙が止まらなくなりますって・・・。

120225_05.jpg

■かずさ
かずさはまさにラスボス的存在ですよね。
そして非常にズルい子ですよ。
ここぞというタイミングで出てくるかずさはズルいよ。
「なんでここで出てくるんだよ・・・」と何度思ったことか。
かずさルートにおける雪菜を裏切る行為は、他のヒロインルートにおける雪菜を裏切る行為とは心に来るダメージが桁違いですね。
ズタボロに心がすごく痛めつけられたなぁ。
かずさルートは、最後の最後まで本当にどうなるのかハラハラする目の離せないシナリオでした。


私はこの作品は発売までノーチェックで、周りの評判がどれも絶賛しているほど良かったので「どんなものなのか自分もやってみようかな」と気になって飛びついてみた口だったのですが、結果としては飛びついて大正解でした。
この作品を世に出してくれて、ありがとうございました。
いやもうホント素晴らしい作品でしたっ!!

泥沼の三角関係に振り回され、心を痛める日々もやっと終焉を迎えられて、やっとこれで穏やかな日常が戻ってきそうですw
それにしても、WA2のサントラがすごく欲しい。
早く発売してー!
関連記事

コメント 0