「春季限定ポコ・ア・ポコ!」 感想

 26, 2011 12:26
ALcot ハニカム 『春季限定ポコ・ア・ポコ!』 応援中!

「春季限定ポコ・ア・ポコ!」 フルコンプしましたっ!


以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もありますので、感想を見る際にはご注意ください。


うぉぉぉぉ!!
駄妹最高ぉぉぉぉぉーーー!!\(>ヮ<)/


やっぱり妹っていいよねっ!!と再認識しました。
藍の素晴らしい駄妹っぷりが、たまらなく可愛くて仕方ないですね。
超が付くほどブラコンな藍はプレイする前からさぞかし可愛いんだろうなぁとは思ってましたが、期待以上に素晴らしい妹でしたよー!

プレイ時間は12時間ほどで、他のハニカム文庫と同じくらいの長さでした。
攻略順は「藍→桜→夏海」の順でプレイしたんですが、夏海はロックがかかっているしお話的にも最後にプレイするのがイイ感じかもですね。
最後のエピローグからタイトル画面に変わる時の演出は今回も健在で素敵でした(〃∇〃)

シナリオは、まさに青春っ!って感じの内容でした。
リア妹、キッキンと比べると今回は非常にシリアル寄りな作品だったんですが、面白さは変わらず……むしろリア妹やキッキン以上のインパクトを持ったテンポのよい日常会話とのバランスが絶妙でプレイしていて楽しい作品だったなぁ。
リア妹、キッキンとプレイして期待がかなり高まった中でプレイをしたんですが、その期待に十分に応えてくれたかなっていう内容でしたね。

駄妹の藍を始め、桜や夏海とヒロイン全員がとても生き生きとしていて魅力的でして、そのおかげで作品全体に華やかさがあって本当に楽しかったー。
各声優さんがノリノリの演技で演じられてるのってイイですよね。
特に藍役の桐谷華さん演技は見事としか言いようがないです。
最近自分の中で急上昇中の声優さんなんですが、さらに好きになりましたわー。


以下、ヒロイン別の感想っぽいものを。

111126_01.jpg

■藍
うん、見事なまでの素晴らしい駄妹っぷりに大満足です(〃∇〃)
超ブラコンな妹、たまらない。
可愛さ、面白さ、そして残念さ爆発な藍らしいシナリオで大変楽しかったー。
藍シナリオは、まさかそう来たか!という予想してなかった展開で良いお話だったんですけど、個人的にはこれからの展開が一番見たいところなんですけどっ!?
彼方を取り合う光景とかすごく見たかったです。

111126_02.jpg

■桜
桜のこの独特のテンションと喋り方が非常にツボりました。
意外と純情な子だったり、照れたときの仕草が可愛いかったりと非常にグッとくるキャラだったなぁ。
私服姿の帽子が非常に可愛いんですが、ウェイトレス姿も凶悪に可愛いかったですね、こんちくしょー!!
特に腋が!腋が!(落ち着け
ただ、ヘッドドレスが塗り忘れ?って感じで違和感があったんですが気のせいですかね…。
シナリオはすっごくシリアス路線なお話だったんですが、桜のエッチシーンがそれはもうとてもとてもエッチッチな感じで大変楽しめました。(〃∇〃)
くそぅ、桜シナリオもここからがイチャイチャの本領発揮じゃないの…。先の展開がすごく見たいよ!

111126_03.jpg

■夏海
ナツミン、すごく可愛いじゃないですかー!
藍、桜と強烈キャラと比べてインパクトが弱いかなぁと思っていたんですが、ナツミンもなかなかに良いキャラの持ち主でしたね。
すごく一途ですし、ツンデレだし。
ナツミンシナリオはそれはもうニヤニヤですよ。
気がつくと、ニヤニヤしてるナツミンをニヤニヤして見てる自分がいました。
さすが悠木姉妹クオリティ!!
もっとデレたナツミンが見れたらさらに最高だったんですが…。
今思ったんですが、ナツミンだけデートシーンなかったですよね…?


いやぁ、今回もミドルプライスの作品としては十分すぎる出来でしたね!
今作からALcot初のワイド画面対応になったり、ジャンプ機能とかシステム面では最早一般フルプライスと同等かそれ以上のものになっていますし素晴らしいです。

やっぱりミドルプライスの欠点はシナリオのボリュームですかね…。
春ポコはもう少しシナリオのボリュームがあればさらに面白くなったはずなのに。
「イチャイチャ成分が足りないよっ!!もっと、イチャイチャシーンをプリーズ!」とすごく思ったんですよね。
どのシナリオもここからがイチャイチャの本領発揮だよねっ!?ってところで終わってしまった感があるので、個人的に非常に楽しみにしている恋人同士になった後のイチャイチャっぷりがあんまり堪能できなかったのが残念で仕方なかったなぁ。
キャラの魅力度では春ポコが一番ですが、ここら辺が春ポコはリア妹やキッキンと比べてしまうと若干劣ってしまうかな。

個人的には盛り上げ方が良くてOP直前の演奏シーンにはグッと来ただけに、演奏描写がもう少し欲しかったなー。
まぁ、ほぼ完成されてしまってる4人だからこれ以上に盛り上げる展開とか難しいのは確かなわけですが、もう一工夫パンチ力のある何かがあればなぁ……って思いました。

……とまぁ、そんな残念さもありますが、個人的にはとても楽しめた作品なのは間違いないです。
なんたって藍が最高に可愛かったですしねっ!!
今年は妹キャラの当たり年で個人的にかなり嬉しいですわー。
関連記事

コメント 0