「キッキングホース★ラプソディ」 感想

 22, 2011 23:39
ALcot ハニカム 『キッキングホース★ラプソディ』 応援中!

「キッキングホース★ラプソディ」 フルコンプしましたっ!


以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もありますので、感想を見る際にはご注意ください。


「これ、本当にミドルプライスでいいのっ!?」と素直に思えるくらい楽しい作品でした!
こういう甘酸っぱい恋愛模様が描かれた作品ってホントいいですねっ!
普通の友達から始まって、色んな出来事を経て距離を縮めていって、いちゅいちゅ状態へ至るこの過程がたまらなく好きだなぁ。
こういう過程を見るのが大好きな自分にとっては、まさにコレを待っていたよ!な内容でしたねー。
キャラそれぞれが非常に生き生きとしていて魅力的に感じましたし、各シナリオごとにテーマがあってどのヒロインもすんごく大好きになれるくらい面白かったです。

リア妹では妹しかヒロインがいませんでしたが、キッキンではエロゲの定番ヒロインである「姉」も「妹」も「幼なじみ」も定番ポジションが一人も出てこないという珍しい作品なんですよね。
定番キャラなんて必要ないよ!ってくらい各ヒロインが非常に魅力的ですし、こんなに面白い作品になってるのはすごいなぁとただただ感心しました。

プレイ時間は12時間ほどで、ミドルプライスですしこんなものかな?って感じの長さですね。
ただ、内容が良かっただけに、もう少しプレイしていたかったよ!という思いが強いもの確か。
攻略順は公式の「うらやめ!キッキン 愛のために」で書かれていた「志乃→聖→のばら」という推奨順でやりましたが、この順番でやる以外に選択肢がないって感じですね。
この順番じゃないと面白さが半減してしまう気がします。
それにしてもリア妹と同じく、エピローグからタイトル画面に変わる時の演出は素敵ですねぇ。


以下、ヒロイン別の感想っぽいものを。

111122_01.jpg

■志乃
とても、それはもうとても良い腋でした。
この腋といい、絶壁具合といい、下半身の洪水具合といい志乃は素晴らしいものをお持ちですね。
エッチシーンがエロくて大変満足しました。
志乃シナリオは恋愛と友情に揺れる葛藤具合がよく描かれていてとても楽しめましたね。
志乃を守ろうとするのばらがなんとも可愛いかった(〃∇〃)
それにしても、志乃……君はなんて面白いキャラなんだ。

111122_02.jpg

■聖
ひじりんは反応がいちいち可愛いぞ、こんちくしょー!
ひじりんシナリオは、それはもう楽しいシナリオでしたねー。
特に勝手に自爆してガリガリとHPが削られていく志乃が泣けるくらい面白くて…w
発情という言葉が似合うくらい、ひじりんのエッチシーンが濃厚でエロいのなんの。
健気で尽くしてくれるひじりんがすごく可愛かった。

111122_03.jpg

■のばら
ちっこくて可愛い愛玩動物キャラなのばらも可愛いぞ!こんちくしょー!
ウチものばらの頭ガシガシ撫で回していちゅいちゅしたいです。
のばらシナリオはホント面白いですね。
この展開たまんねー!ってくらいニヤニヤしっぱなし状態でした。
コンドームを一緒に選ぶシーンとかなんかすごくイイなぁと思ってしまいましたw
のばらルートの志乃とひじりんのやること全部裏目に出る感じが、なんとも哀れすぎて泣くに泣けない…。
それでもめげない志乃とか逞しすぎるわw
君ら……本当に面白いねw


個人的には大変大変楽しめて満足できた作品でした。
あ~、キッキンのファンディスク出ないかなぁ。
まぁたぶん出ないんだろうけど、個人的にはたいちょールートが非常にやりたいので出て欲しいですよっ!

リア妹といい、キッキンといい、ミドルプライスとは思えないくらいの素晴らしい作品を送り出す宮蔵プロデュースはすごいですね。
これは今週発売する春ポコが余計に楽しみになってきましたよっ!
関連記事

コメント 0