『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』 感想

 10, 2011 00:19
『ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana』応援中です!

「ましろ色シンフォニー *mutsu-no-hana」 フルコンプしましたっ!


以下感想です。
※ネタバレは極力しないようにしていますが、若干ネタバレしている場合もありますので、感想を見る際にはご注意ください。


ましフォニはやっぱり脳がとろけそうになりますね。
PC版で一度プレイしていたのにも関わらず、ニヤニヤしっぱなしでした。
ましフォニのこの雰囲気は好きだなぁと再認識しましたね。

ましフォニむっはーの注目ポイントと言えばヒロイン昇格を果たした紗凪と新キャラの結月です!
この二人はどちらも男らしい感じが前面に出ている似たようなキャラなんですけど、シナリオは全く対称的な感じでしたね。
二人のシナリオは追加されたシナリオとは思えないくらいなかなかに良い出来栄えで、とても満足しましたよー。

そしてシステムには感服しました。
エロゲの移植作品って操作感がイマイチな事が多いんですが、ましフォニむっはーはそんな不満が全く出なかったんですよねー。
エロゲ顔負けな完備っぷりで至れり尽くせりでしたし、すごく快適にプレイできて良かったですよ!
特にモードパネル機能がすごく便利で大変お世話になりました。
いやはや、素晴らしいです。


以下、ヒロインの感想っぽいのを。

111108_01.jpg

■結月
「わお」と凛々しすぎる発言が印象的な新ヒロインですが、もともとのヒロインに負けないくらい非常に魅力的なヒロインでしたねー。
キャラも面白いですし、シナリオも良かったしですごく楽しめました。
だんだん笑顔を見せるようになって女の子らしさが出てきてからがすごく可愛くてヤバかったです。
あー、自分もこつんがしたいです。

111108_02.jpg

■紗凪
待ちに待っていた紗凪のヒロイン昇格ですよっ!
待っていて良かったよ!と心から思いましたよー。
なぜ紗凪は男嫌いかということが判明したり、「新吾の赤ちゃんが欲しい」「新吾の前でしか足を開かない」「新吾以外にはハメさせない」等の発言に悶絶させらる良いシナリオでした。
それにしても紗凪のデレは2段階あるとは…。
第1段階でも破壊力は申し分ない感じだったのに、第2段階がさらにその上をいくヤバさで悶絶させられまくりました…。
いやぁ、本当にニヤニヤが止まりませんでした。

他のヒロインの感想はPC版プレイしたときに書いた内容大体同じなので割愛を…。
コンシューマって事でエッチシーンがなくなっている分、シナリオとCGが各ヒロインに追加されています。
その追加シナリオも実にましフォニらしさが出ていて良かったですよー。
特にアンジェとのあのシーンはどうしてそれをそこまで崇高な儀式みたいにできるのかと別の意味で感心しましたよw
これがましフォニクオリティですか……恐るべし。

そんな感じでましフォニむっはー、大変満足な作品でした。
PC版をプレイして紗凪シナリオもやりたいよ!と思った人出あれば、満足できるはず!
関連記事

コメント 0